ランキングとレビューで探せる利用率No.1ふるさと納税サイト

お礼品ID:1229232

宮崎牛味付きカルビ400g(綾町)
宮崎牛味付きカルビ400g(綾町)
宮崎牛味付きカルビ400g(綾町)

宮崎牛味付きカルビ400g(綾町)

宮崎県綾町

さとふるアプリdeワンストップ申請対象?

「全国和牛能力共進会」で3大会連続最高賞受賞を達成した宮崎牛味付きカルビ400gです。

0.0
0
寄付金額10,000円
お礼品発送予定時期
お申込みから3ヶ月程度でお届け
  • 離島はお届けできません。また、画像はイメージです。

  • 注意事項をご確認ください。

冷凍
「コンビニ決済」「Pay-easy決済」をご希望の場合のご注意
  • ※お礼品の発送は、お支払い確認後となります。
  • ※お支払い手続きは、申込受付期間中に完了していただきますようお願いいたします。

お礼品の内容・特徴

宮崎牛は、全国和牛能力共進会で3大会連続(※)最高賞の「内閣総理大臣賞」を受賞した黒毛和牛です。
醤油ベースの秘伝ダレに付け込んで、旨味も柔らかさも更に極っています。
サッと焼くだけで美味しさをご堪能いただけます。
※2007年第9回、2012年第10回、2017年第11回にて連続受賞

■お礼品の内容について
・宮崎牛味付きカルビ[400g]
  原産地:宮崎県/製造地:宮崎県宮崎市
  賞味期限:製造日から90日


■原材料・成分
[漬けダレ]
しょうゆ、果糖ぶどう糖液糖、砂糖、にんにく、アミノ酸液、果汁(なし、りんご、もも、レモン)、マスタード、還元水あめ、ごま、玉ねぎ、醸造酢、香辛料、食塩、酵母エキス、豆板醤、増粘剤(加工デンプン、キタンサン)、酒精、調味料(アミノ酸等)、酸化防止剤(ビタミンC)、パプリカ色素、香料、(原材料の一部に小麦、大豆、もも、りんごを含む

■注意事項/その他
【味を損なわないための解凍ポイント】
・低い温度でゆっくりと!包装状態のまま、冷蔵庫内の一番温度の低い場所(チルド室等)でゆっくり解凍するのをおすすめします。
【保存方法】
・要冷凍(‐18℃以下)
※解凍後はお早めにおめしあがりください。

お礼品詳細

配送種別 冷凍便
提供元 株式会社SHINGAKI(綾町)
カテゴリ

お申込み・配送・その他

申込受付期間 通年
配達外のエリア 離島

寄付金受領証明書の発送予定時期

申込完了日から2ヵ月程度

お支払方法

クレジットカード決済

コンビニ決済

PayPayオンライン決済

キャリア決済

Pay-easy決済

  • 自治体、寄付金額ごとに使える決済方法は異なります。

  • Pay-easy決済、コンビニ決済に関しては、入金した日が寄付証明書に記載される納付日になります。

  • お支払方法について詳しくはこちら

ご注意事項

  • このページは、提供元からの情報に基づき、作成・掲載をしています。

  • 提供元の規格変更などに伴い、お礼品は、本サイト掲載の情報から予告なく変更となる場合がございます。

  • お礼品に関する義務表示事項(原材料、栄養成分、アレルギー情報、添加物など)については、お礼品到着後、お礼品の包装容器の表示ラベルをご確認ください。

  • 離島はお届けできません。

他にもこんなお礼品があります

宮崎県綾町のご紹介

  1. 全国
  2. 宮崎県
  3. 綾町

綾町は、日本最大級の照葉樹林を有しており、森を守り自然と人が共生する地域づくりを進めています。全国に先駆けて推進した有機農業や手づくり工芸の里づくり、花いっぱい運動、綾の照葉樹林プロジェクトなど官民あげての取り組みが評価され、2012年にはユネスコ エコパーク(生物圏保存地域)に登録されました。

自然の恩恵を受けながら厳しい基準で栽培された安心・安全でおいしい有機野菜や、カヤ・ケヤキの天然木など自然素材を使った手づくり工芸品など雄大な自然の中に人々の営みが息づいています。

ふるさと納税の使い道情報

  1. 1.綾町の照葉樹林とユネスコ エコパーク推進のための事業

  2. 2.綾町が取り組む自然生態系農業に関する事業

  3. 3.綾町の産業観光とスポーツ等合宿を振興する事業

  4. 4.綾町の次代を担う青少年育成事業

  5. 5.綾町の高齢者を敬う福祉事業

  6. 6.その他町長が必要と認める事業

おすすめキャンペーン

おすすめ特集

関連特集

  • 肉特集

    肉特集

    ふるさとから届くおいしいお肉をご自宅で!

  • 沖縄特集

    沖縄特集

    「めんそ~れ」沖縄の魅力いっぱい♪

  • 東北特集

    東北特集

    食の恵みがあふれる本州の最北端

  • 中部特集

    中部特集

    日本アルプスと二つの海の恵みいっぱい

ページ上部へ