ランキングとレビューで探せる利用率No.1ふるさと納税サイト

  1. 「ふるさと納税」ホーム  > 
  2. 地域から探す  > 
  3. 中部地方  > 
  4. 山梨県  > 
  5. 甲斐市  > 
  6. 雑貨・日用品  > 
  7. 文房具・印鑑  > 
  8. その他文房具・印鑑  > 
  9. Katerial×印傳屋 上原勇七 バンブー柄印鑑ケース(黒革×白漆)

お礼品ID:1132949

Katerial×印傳屋 上原勇七 バンブー柄印鑑ケース(黒革×白漆)
Katerial×印傳屋 上原勇七 バンブー柄印鑑ケース(黒革×白漆)

Katerial×印傳屋 上原勇七 バンブー柄印鑑ケース(黒革×白漆)

山梨県甲斐市

さとふるアプリdeワンストップ申請対象?

Katerial×印傳屋 上原勇七

0.0
0
寄付金額10,000円
お礼品発送予定時期
お申し込み後、順次発送
  • 画像はイメージです。

  • 注意事項をご確認ください。

「コンビニ決済」「Pay-easy決済」をご希望の場合のご注意
  • ※お礼品の発送は、お支払い確認後となります。
  • ※お支払い手続きは、申込受付期間中に完了していただきますようお願いいたします。

お礼品の内容・特徴

甲州(山梨)に400年以上伝わる鹿革に漆(うるし)で模様をつけた革の伝統工芸品。
印傳の古典柄にはそれぞれ縁起物の意味が込められています。
カテリアルでは印傳屋では手に入らない、縁起の良い竹柄を考案。
上にどんどん成長していく竹の姿を象徴して「高い目標」、子孫繁栄を意味し、生命や未来を象徴しています。また秩序正しく等間隔にできる節目が、節操のある成長を意味し、竹のしなりが柔軟な対応を意味します。
カテリアル×印傳屋のオリジナル柄で、ここでしか手に入りません。

・印鑑ケース…附属のチャームには朱肉が入っておりポイントとなりながら実用も兼ね備えています。

■内容量・サイズ/加工地
バンブー柄印鑑ケース(黒革×白漆)×1
サイズ:高さ4cm×横8.5cm×厚さ1.8cm
加工地:山梨県

■注意事項/その他
鹿革本来の風合いを活かすため、漆以外の加工は施しておりません。
したがって次のような特徴があります。
・強く折り曲げたり、硬いものと接触したりすると漆や模様が部分的にはがれることがあります。
・水分による染みは、元に戻すことはできませんのでご注意ください。また、水分を含んだ状態でご使用されると衣類に色移りする場合がございます。
・自然素材を用いているため模様の位置に個体差が生じる場合がございます。
・保管をする際は、直射日光や高温多湿を避けて下さい。
・在庫状況によって、通常よりお時間を頂戴する場合がございます。
※画像はイメージです。

お礼品詳細

提供元 Katerial
カテゴリ

お申込み・配送・その他

申込受付期間 通年
配達外のエリア

寄付金受領証明書の発送予定時期

申込完了日から2週間程度

お支払方法

クレジットカード決済

コンビニ決済

PayPayオンライン決済

キャリア決済

Pay-easy決済

  • 自治体、寄付金額ごとに使える決済方法は異なります。

  • Pay-easy決済、コンビニ決済に関しては、入金した日が寄付証明書に記載される納付日になります。

  • お支払方法について詳しくはこちら

ご注意事項

  • このページは、提供元からの情報に基づき、作成・掲載をしています。

  • 提供元の規格変更などに伴い、お礼品は、本サイト掲載の情報から予告なく変更となる場合がございます。

  • お礼品に関する義務表示事項(原材料、栄養成分、アレルギー情報、添加物など)については、お礼品到着後、お礼品の包装容器の表示ラベルをご確認ください。

山梨県甲斐市のご紹介

  1. 全国
  2. 山梨県
  3. 甲斐市

甲斐市は、山梨県の北西部に位置し、南に富士山、西にアルプス山脈、北に八ヶ岳を望み、甲府盆地に肥沃な大地をもたらした釜無川が流れています。山梨県内で第2位の人口を有し、南部は住宅地、北部は昇仙峡などの景勝地があり、人々の日々の暮らしと自然環境が調和した美しいまちです。

甲府盆地の新たな発展をリードする「緑と活力あふれる生活快適都市」を目指して、住みよい郷土づくりをすすめています。

ふるさと納税の使い道情報

  1. 水と緑を大切にしたまちづくり

  2. 健やか甲斐っ子を育てるまちづくり

  3. いつまでも安心して生活できるまちづくり

  4. 山梨県緑化センター跡地活用事業

  5. 市長と一緒につくるまちづくり

おすすめキャンペーン

おすすめ特集

関連特集

  • 雑貨特集

    雑貨特集

    暮らしに役立つ ふるさとの文化が息づく

ページ上部へ