ランキングとレビューで探せる利用率No.1ふるさと納税サイト

  1. 「ふるさと納税」ホーム  > 
  2. 地域から探す  > 
  3. 近畿地方  > 
  4. 京都府  > 
  5. 城陽市  > 
  6. 酒・アルコール  > 
  7. ビール  > 
  8. 地ビール  > 
  9. 【京の和菓子屋プロデュース】JOYO PLUM FOREST ALE(梅クラフトビール) 2本セット

お礼品ID:1117116

【京の和菓子屋プロデュース】JOYO PLUM FOREST ALE(梅クラフトビール) 2本セット
【京の和菓子屋プロデュース】JOYO PLUM FOREST ALE(梅クラフトビール) 2本セット
【京の和菓子屋プロデュース】JOYO PLUM FOREST ALE(梅クラフトビール) 2本セット

【京の和菓子屋プロデュース】JOYO PLUM FOREST ALE(梅クラフトビール) 2本セット

京都府城陽市

さとふるアプリdeワンストップ申請対象?

梅酒をつけた後の梅を使用した新しいクラフトビールです。

0.0
0
寄付金額6,000円
お礼品発送予定時期
お申込み後1週間程度で発送予定
  • 画像はイメージです。

  • 注意事項をご確認ください。

「コンビニ決済」「Pay-easy決済」をご希望の場合のご注意
  • ※お礼品の発送は、お支払い確認後となります。
  • ※お支払い手続きは、申込受付期間中に完了していただきますようお願いいたします。

お礼品の内容・特徴

城陽特産の青谷の梅「城州白」は、地元の酒造所である城陽酒造で梅酒に使用されており、「JOYO PLUM FOREST ALE」は梅酒をつけた後の梅を使用した新しいクラフトビールです。
飲み口は梅の香り・風味が広がり、のどごしはまるでシャンパンのような味わい。後味はしっかりとホップの香りが残ります。
ビールの苦手な方や女性でもグイグイ飲める味わいになっています。

■生産者の声
京都南部の城陽市は温暖な気候に恵まれ、宇治抹茶の碾茶、寺田いも、いちじくなど豊かな農産物に恵まれた産地です。なかでも「城州白」という梅が栽培され、梅干しなどに使われています。地元の酒造所「城陽酒造」では、この梅で梅酒を造っています。漬けた後の梅の実は、地元の和菓子店、料理店などで食材として使われていましたが、その量はあまりに多く、貰い手のない梅の実は廃棄されていました。そこでなんとかできないかと立ち上がったのが城陽で創業から三百年の老舗和菓子屋「松屋」です。
松屋では焼酎も企画しているため、いくつかのクラフトビール会社に相談したところ、梅の実を原料にしたビールを造れることが分かり、開発を決定しました。何度も試飲会を重ね、試作品でビール祭りに参加して意見を求め、満足のゆく出来になるまで一年かかり、素晴らしいビールが誕生しました。
記念日の最初の一杯に、大切な方への驚きのギフトに、自信を持っておすすめできる製品です。

■内容量/原産地
梅クラフトビール 330ml×2本セット
原産地:京都府城陽市

■原材料
麦芽、梅、ホップ

■賞味期限
製造日より10ヶ月

■注意事項/その他
・開封後は冷蔵庫(10℃以下)で保管し、お早目にお召し上がりください。
・瓶が割れてケガをする恐れがありますので、瓶への衝突を避け、日なたに長時間置かないでください。
・20歳未満の飲酒は法律で禁止されています。
※画像はイメージです。

お礼品詳細

配送方法 通常
提供元 旅籠屋‘利兵衛‘
カテゴリ

お申込み・配送・その他

申込受付期間 通年
配達外のエリア

寄付金受領証明書の発送予定時期

申込完了日から2週間程度

お支払方法

クレジットカード決済

コンビニ決済

PayPayオンライン決済

キャリア決済

Pay-easy決済

  • 自治体、寄付金額ごとに使える決済方法は異なります。

  • Pay-easy決済、コンビニ決済に関しては、入金した日が寄付証明書に記載される納付日になります。

  • お支払方法について詳しくはこちら

ご注意事項

  • このページは、提供元からの情報に基づき、作成・掲載をしています。

  • 提供元の規格変更などに伴い、お礼品は、本サイト掲載の情報から予告なく変更となる場合がございます。

  • お礼品に関する義務表示事項(原材料、栄養成分、アレルギー情報、添加物など)については、お礼品到着後、お礼品の包装容器の表示ラベルをご確認ください。

他にもこんなお礼品があります

京都府城陽市のご紹介

  1. 全国
  2. 京都府
  3. 城陽市

「歴史と未来をつなぎ、人をはぐくむ緑のまち・城陽」へようこそ

城陽市は、奈良と京都の2つの古都の中間に位置する “五里五里のさと” として、多くの古人(いにしえびと)が街道を行き交い、文化・交通の要衝として発展してきたという歴史を有しています。

一方で、新名神高速道路の全線開通に伴い、京阪神と中京圏の2大経済圏を結ぶ国土軸の一翼を担うこととなり、ヒト・モノの流れにおいて、かつてない大きな変化が起ころうとしています。

歴史性に富んだ“五里五里のさと”と未来に繋がる“国土軸の都市”が交わる立地特性を生かすことで、近畿地方の拠点地域として新たな交流を生み出すことが可能となります。

市内だけでなく市外からも多くの人々が訪れ、にぎわいと活力を生み出すとともに、市民が緑に包まれながら生き生きと暮らし、人の和の中で次代を担う人材が育まれることにより、「希望あふれる城陽」「誰もが輝いている城陽」の実現をめざします。

ふるさと納税の使い道情報

  1. 高齢者や子育て世帯、障がい者等の支援その他の民生費に区分される事業に関すること(民生費)

  2. 城陽市のPR、観光振興その他の商工費に区分される事業に関すること(商工費)

  3. 道路、河川、公園等の整備その他の土木費に区分される事業に関すること(土木費)

  4. 学校教育やスポーツ、文化財保護その他の教育費に区分される事業に関すること(教育費)

  5. 城陽市の事業全般(1から4に掲げる事業を含む)に関すること

おすすめキャンペーン

おすすめ特集

関連特集

ページ上部へ