ランキングとレビューで探せる利用率No.1ふるさと納税サイト

  1. 「ふるさと納税」ホーム  > 
  2. お礼品から探す  > 
  3. 酒・アルコール  > 
  4. 焼酎  > 
  5. 麦焼酎  > 
  6. 長崎県五島市 五島列島酒造 五島麦・五島椿セット 720ml×1本、500ml×1本

お礼品ID:1116123

長崎県五島市 五島列島酒造 五島麦・五島椿セット 720ml×1本、500ml×1本
長崎県五島市 五島列島酒造 五島麦・五島椿セット 720ml×1本、500ml×1本
長崎県五島市 五島列島酒造 五島麦・五島椿セット 720ml×1本、500ml×1本
長崎県五島市 五島列島酒造 五島麦・五島椿セット 720ml×1本、500ml×1本

長崎県五島市 五島列島酒造 五島麦・五島椿セット 720ml×1本、500ml×1本

長崎県五島市

五島以外のものは一滴も入らない、純度100%五島産の麦焼酎2種類の詰め合わせです。

0.0
0
寄付金額11,000円
  • 画像はイメージです。

  • 注意事項をご確認ください。

お礼品の内容・特徴

五島列島の原料にこだわった2種類の麦焼酎のセットです。『五島麦』は五島列島産の二条大麦を全量使用しており、麦の香ばしさがしっかりと感じられます。原料の特性を引き出している点が評価され、平成24年、27年の2度にわたり福岡国税局酒類鑑評会において最高賞となる大賞を受賞した逸品です。
『五島椿』は五島列島に自生する天然の椿の花から採取した酵母を発酵過程に使用しています。米麹由来の柔らかな甘味と麦の優しい風味が香る麦焼酎です。お湯割りにすると甘みがより引き立ちます。島内限定のつばきねこ ラベルでの出荷となります。

■生産者の声
私たちの焼酎造りには、まずそこに故郷「五島列島」がありました。
五島の島の恵みで焼酎を造る…
それは、五島の魅力を瓶に封じ込めること。
島以外からの原材料を一切使わない。
島で昔から大切に育てられている農産物と、島の水と、島の人の手で造る焼酎。
それが五島列島酒造の焼酎です。

■内容量/原産地
五島麦 720ml 25度×1本
五島椿 500ml 23度×1本
原産地:すべて長崎県五島市

■原材料
お礼品のラベルに記載
※アレルギー物質などの表示につきましては、さとふるサポートセンターまでご連絡ください。

■注意事項/その他
20歳未満の方への発送はできません。


お礼品詳細

提供元 五島列島酒造
カテゴリ

お申込み・配送・その他

発送時期 2020-08-03~
申込受付期間 通年
配達外のエリア
寄付証明書の
送付時期目安
申込完了日から2ヵ月程度

お支払方法

クレジットカード決済

  • 自治体、寄付金額ごとに使える決済方法は異なります。

  • お支払方法について詳しくはこちら

ご注意事項

  • このページは、提供元からの情報に基づき、作成・掲載をしています。

  • 提供元の規格変更などに伴い、お礼品は、本サイト掲載の情報から予告なく変更となる場合がございます。

  • お礼品に関する義務表示事項(原材料、栄養成分、アレルギー情報、添加物など)については、お礼品到着後、お礼品の包装容器の表示ラベルをご確認ください。

長崎県五島市からのおすすめお礼品

長崎県五島市のご紹介

  1. 全国
  2. 長崎県
  3. 五島市

五島市は、長崎港から西へ約100kmの五島列島南西部に位置しており、西海国立公園に指定された美しい自然景観を有し、遣唐使や教会等の歴史文化遺産など見どころ満載です。2018年7月には、「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」として世界遺産登録されました。

また、東シナ海で取れた新鮮な魚や幻の五島牛、五島美豚、椿油などいろいろなグルメや、五島の海、自然を体験できる魅力あふれる観光地です。

ふるさと納税の使い道情報

  1. 1.歴史・文化を生かしたふるさとづくりに関する事業

  2. 2.市民によるまちおこしに関する事業

  3. 3.自然環境の保全並びに景観の維持及び再生に関する事業

  4. 4.地域資源を活用した産業の振興に関する事業

  5. 5.社会福祉の向上及び教育の振興に関する事業

  6. 6.指定事業なし

おすすめキャンペーン

おすすめ特集

関連特集

  • 沖縄特集

    沖縄特集

    「めんそ~れ」沖縄の魅力いっぱい♪

  • 焼酎特集

    焼酎特集

    定番焼酎から知る人ぞ知る焼酎まで 作り手のこだわりの味を愉しむ

  • 関東特集

    関東特集

    豊かな水が広大な平野を潤す 政治経済の中心地

  • 近畿特集

    近畿特集

    歴史と文化が交わる西日本の中核

ページ上部へ