ランキングとレビューで探せる利用率No.1ふるさと納税サイト

  1. 「ふるさと納税」ホーム  > 
  2. 地域から探す  > 
  3. 東北地方  > 
  4. 福島県  > 
  5. 鏡石町  > 
  6. 菓子・スイーツ  > 
  7. 焼き菓子  > 
  8. 鏡石の恵みのシュトーレン

お礼品ID:1115980

鏡石の恵みのシュトーレン
鏡石の恵みのシュトーレン

鏡石の恵みのシュトーレン

福島県鏡石町

さとふるアプリdeワンストップ申請対象?

農産物の豊富な鏡石のおいしさが集まって、ひとつの美味しいシュトーレンになりました。

0.0
0
寄付金額10,000円
お礼品発送予定時期
2022-11-25~2022-12-27
  • 離島、沖縄県はお届けできません。また、画像はイメージです。

  • 注意事項をご確認ください。

「コンビニ決済」「Pay-easy決済」をご希望の場合のご注意
  • ※お礼品の発送は、お支払い確認後となります。
  • ※お支払い手続きは、申込受付期間中に完了していただきますようお願いいたします。

お礼品の内容・特徴

「鏡石でとれる果物で特別なシュトーレンを作りたい!」そんなオーナーの思いから生まれました。
鏡石産の桃、梨、りんご、ミニトマトをドライフルーツに加工。鏡石のお米でつくるお酒『鏡の雫』に付け込み、さらに毎年好評のラム酒に長時間付け込んだ風味豊かなオレンジピール、レモンピール、レーズン、丁寧にローストしたくるみ、あんずジャム、マジパンをたっぷりと混ぜ込み、生地には岩手・福島県産小麦「ゆきちから」と鏡石の田んぼアートで収穫したお米の粉や北海道産バターに自家製天然酵母を使い、じっくりと焼き上げ熟成させました。すべてがひとつになり、美味しさを作り上げています。 
ドイツの伝統菓子シュトーレン。今年もパン工房 陽だまりだけの味わいをさらに深めました。ティータイムのおともにぜひお召し上がりください。

■生産者の声
当店のある鏡石町は、実はお米だけでなく果物や野菜もふんだんにとれる農産物王国です。そんな農家さん自信の品々をパン工房 陽だまりでドライフルーツに加工しています。じっくりとお酒に漬け込んだ風味豊かなフルーツの旨みがシュトーレンに凝縮していて、リピーターさんの多い逸品です。オーナーが手間ひま惜しまず作り上げた、鏡石の恵みのシュトーレンをぜひご賞味ください。

■内容量/製造地
鏡石の恵みのシュトーレン×1本(約16cm×11cm)
製造地:福島県岩瀬郡鏡石町

■原材料
小麦粉(岩手・福島県産)、田んぼアートの米粉(福島県岩瀬郡鏡石産)、砂糖、植物油、バター(北海道よつ葉バター使用)、桃(鏡石産)、りんご(鏡石産)、プチぷよ(トマト)(鏡石産)、梨(鏡石産)、レーズン、オレンジピール、レモンピール、あんずジャム、ラム酒、鏡の雫(鏡石産の米を使用)、くるみ、シナモン、ナツメグ、牛乳、自家製天然酵母(桃・りんご含む)〈材料に小麦・乳を使用〉

■賞味期限
製造日より45日

■注意事項/その他
※季節限定、個数限定品となり、在庫がなくなり次第終了となります。ご了承下さい。
※10℃以下の涼しいところで保管して下さい。
※冷蔵・冷凍庫で保存した場合の美味しさの持続は保証できません。
※ラッピングは変更になることがあります。あらかじめご了承ください。

お礼品詳細

提供元 パン工房 陽だまり
カテゴリ

お申込み・配送・その他

申込受付期間 ~2022-12-21
配達外のエリア 離島、沖縄県

寄付金受領証明書の発送予定時期

申込完了日から2週間程度

お支払方法

クレジットカード決済

コンビニ決済

PayPayオンライン決済

キャリア決済

Pay-easy決済

  • 自治体、寄付金額ごとに使える決済方法は異なります。

  • Pay-easy決済、コンビニ決済に関しては、入金した日が寄付証明書に記載される納付日になります。

  • お支払方法について詳しくはこちら

ご注意事項

  • このページは、提供元からの情報に基づき、作成・掲載をしています。

  • 提供元の規格変更などに伴い、お礼品は、本サイト掲載の情報から予告なく変更となる場合がございます。

  • お礼品に関する義務表示事項(原材料、栄養成分、アレルギー情報、添加物など)については、お礼品到着後、お礼品の包装容器の表示ラベルをご確認ください。

  • 離島、沖縄県はお届けできません。

福島県鏡石町からのおすすめお礼品

福島県鏡石町のご紹介

  1. 全国
  2. 福島県
  3. 鏡石町

鏡石町は、福島県中通りの中央南部に位置し、日本の近代酪農発祥の地とされる「岩瀬牧場」をはじめ、自然環境を活用したスポーツ・レジャー施設等、さわやかな田園都市が広がっています。

平成23年3月に発生した東日本大震災により、田んぼや農業用施設に甚大な被害を受け、一年間ほぼすべての水田で米の作付ができない状況となりました。

その経験から、“福幸”(復興)のシンボルとして「窓から眺める絵本~もう一つの図書館~」をコンセプトに、田んぼを一枚のキャンバスに見立てて、絵の具の代わりに色の異なる稲で田んぼに「ユメ」を描く「田んぼアート事業」を展開しています。

ふるさと納税の使い道情報

  1. 文教施設の整備に関する事業

  2. フルーラ(花の女神)のまちづくりに関する事業

  3. 田んぼアートに関する事業

  4. その他、特に使途を指定しないまちづくり関する事業

おすすめキャンペーン

おすすめ特集

関連特集

ページ上部へ