ランキングとレビューで探せる利用率No.1ふるさと納税サイト

  1. 「ふるさと納税」ホーム  > 
  2. お礼品から探す  > 
  3. 米・パン  > 
  4. その他穀物加工品  > 
  5. 雑穀  > 
  6. 長野県産 もち麦〔600g×3袋〕

お礼品ID:1092271

長野県産 もち麦〔600g×3袋〕
長野県産 もち麦〔600g×3袋〕

長野県産 もち麦〔600g×3袋〕

長野県高森町

信州の環境にやさしい農産物認定取得の農地で栽培したもち麦です。水溶性食物繊維の多い品種です。

0.0
0
寄付金額6,000円
  • 画像はイメージです。

  • 注意事項をご確認ください。

「コンビニ決済」「Pay-easy決済」をご希望の場合のご注意
  • ※お礼品の発送は、お支払い確認後となります。
  • ※お支払い手続きは、申込受付期間中に完了していただきますようお願いいたします。

お礼品の内容・特徴

令和元年産の新麦です。

○品種:ホワイトファイバー
長野県で開発されたもち性六条大麦です。
水溶性食物繊維を豊富に含み、健康に良いと言われています。

○お米と一緒に炊くと、モチモチ・プチプチした食感が楽しめます。
もち麦は炊飯時に水分を多く吸収しますので、
もち麦50gに対して水100mlの割合で水を足してください。

○信州の環境にやさしい農産物認定
化学肥料50%以上削減、化学薬品使用50%以上削減した農産物に与えられる認定制度です。

■生産者の声
外国産もち麦が店頭市場に多く出回る現状です。安全な国産もち麦生産に努力していきますので、長野県高森町産もち麦を活用いただければ幸いです。

■内容量/原産地
もち麦(600g×3袋)
原産地:長野県高森町

■原材料
大麦

■賞味期限
製造日より60日

■注意事項/その他
※精白加工したてのもち麦を発送いたしますので、開封後は早めにお召し上がりください。
※直射日光、高温多湿を避けて保存して下さい。
※画像はイメージです。


お礼品詳細

提供元 高森町営農支援センターゆうき 1
カテゴリ

お申込み・配送・その他

発送時期 お申込みから1週間程度
申込受付期間 通年
配達外のエリア
寄付証明書の
送付時期目安
申込完了日から2週間程度

お支払方法

クレジットカード決済

Pay-easy決済

コンビニ決済

キャリア決済

  • 自治体、寄付金額ごとに使える決済方法は異なります。

  • Pay-easy決済、コンビニ決済に関しては、入金した日が寄付証明書に記載される納付日になります。

  • お支払方法について詳しくはこちら

ご注意事項

  • このページは、提供元からの情報に基づき、作成・掲載をしています。

  • 提供元の規格変更などに伴い、お礼品は、本サイト掲載の情報から予告なく変更となる場合がございます。

  • お礼品に関する義務表示事項(原材料、栄養成分、アレルギー情報、添加物など)については、お礼品到着後、お礼品の包装容器の表示ラベルをご確認ください。

長野県高森町からのおすすめお礼品

長野県高森町のご紹介

  1. 全国
  2. 長野県
  3. 高森町

長野県 高森町にようこそ!

中央アルプスと南アルプスに囲まれ、天竜川がその間を流れる信州・伊那谷。高森町はこの伊那谷の南部、天竜川の西岸に広がる「市田柿」発祥の里です。この恵まれた環境に囲まれた高森町は、各種農産物の南限・北限の境界に位置し、特産品「市田柿」をはじめ一年中美味しい果物や野菜を収穫することができます。

高森町では、子育て支援や福祉、自然環境の保護等を推進し、より住み良いまちづくりを進めております。当町の出身の方々をはじめ、「高森町を応援したい!」と感じて下さった皆様、ぜひご協力下さい!

ふるさと納税の使い道情報

  1. 1 未来を担うこどもたちが、「健やか元気 あったかもり!」

  2. 2 水と緑にあふれる自然を守る、「自然あふれる あったかもり!」

  3. 3 町内産業の活性化を図る、「挑戦を支援して、あったかもり!」

  4. 4 いきいき元気で支え合う、「地域の絆 あったかもり!」

  5. 5 安心安全なまちをめざし、「みんなで守る あったかもり!」

  6. 6 市田柿や高森町をPRして、「みんな集まれ あったかもり!」

おすすめキャンペーン

おすすめ特集

関連特集

  • 中国特集

    中国特集

    山陰と山陽からなる名産品ゆたかな地方

  • 雑穀特集

    雑穀特集

    ふるさと自慢の多種多彩な実り

  • 関東特集

    関東特集

    豊かな水が広大な平野を潤す 政治経済の中心地

  • 近畿特集

    近畿特集

    歴史と文化が交わる西日本の中核

ページ上部へ