ランキングとレビューで探せる利用率No.1ふるさと納税サイト

  1. 「ふるさと納税」ホーム  > 
  2. お礼品から探す  > 
  3. 菓子・スイーツ  > 
  4. ケーキ  > 
  5. 無添加チーズの櫻井チーズケーキ【5個入り】

お礼品ID:1090842

無添加チーズの櫻井チーズケーキ【5個入り】
無添加チーズの櫻井チーズケーキ【5個入り】
無添加チーズの櫻井チーズケーキ【5個入り】
無添加チーズの櫻井チーズケーキ【5個入り】
冷凍

無添加チーズの櫻井チーズケーキ【5個入り】

福岡県糸島市

糸島産の卵・小麦粉と、生乳・クリームのみで作ったピュアなチーズで丁寧に焼き上げました。

0.0
0
寄付金額9,000円
  • 離島はお届けできません。また、画像はイメージです。

  • 注意事項をご確認ください。

「コンビニ決済」「Pay-easy決済」をご希望の場合のご注意
  • ※お礼品の発送は、お支払い確認後となります。
  • ※お支払い手続きは、申込受付期間中に完了していただきますようお願いいたします。

お礼品の内容・特徴

糸島産の卵・小麦粉と、生乳・クリームのみで作ったピュアなチーズを焼き上げた、美味しいチーズケーキです。どれも自慢の材料で出来た美味しいチーズケーキは、濃厚でなめらか、それでいて後味サッパリに仕上がっています。是非ご賞味ください。

【お召し上がり方】
冷蔵庫にて解凍してください(6時間で解凍できます)。

■生産者の声
爽風は「愛する子ども達にずっと食べてもらいたい」をコンセプトにモノづくりをしています。生乳・クリームのみで作ったピュアなチーズと、地元糸島の素材を使い、子ども達がずっと食べられる自慢のチーズケーキを作りました。

■内容量/加工地
櫻井チーズケーキ:45g×5個/加工地:福岡県糸島市

■原材料
ナチュラルチーズ(乳成分を含む)、生クリーム、小麦粉、砂糖、バター、卵、レモン

■消費期限
冷凍保存60日 (解凍後は冷蔵で2日)

■注意事項/その他
※消費期限は冷凍保存で60日ですが、解凍後は冷蔵で2日以内にお召し上がり下さい。
※画像はイメージです。

お礼品詳細

配送方法 クール便(冷凍)
提供元 爽風
カテゴリ

お申込み・配送・その他

発送時期 お申込みから1週間程度
申込受付期間 通年
配達外のエリア 離島
寄付証明書の
送付時期目安
申込完了日から2~3週間程度

お支払方法

クレジットカード決済

Pay-easy決済

コンビニ決済

キャリア決済

  • 自治体、寄付金額ごとに使える決済方法は異なります。

  • Pay-easy決済、コンビニ決済に関しては、入金した日が寄付証明書に記載される納付日になります。

  • お支払方法について詳しくはこちら

ご注意事項

  • このページは、提供元からの情報に基づき、作成・掲載をしています。

  • 提供元の規格変更などに伴い、お礼品は、本サイト掲載の情報から予告なく変更となる場合がございます。

  • お礼品に関する義務表示事項(原材料、栄養成分、アレルギー情報、添加物など)については、お礼品到着後、お礼品の包装容器の表示ラベルをご確認ください。

  • 離島はお届けできません。

福岡県糸島市からのおすすめお礼品

福岡県糸島市のご紹介

  1. 全国
  2. 福岡県
  3. 糸島市

福岡県の北西部に位置する糸島市は、北西部は玄界灘に面し、南部は脊振山地を有する、福岡市に隣接した自然豊かな地域です。夕日と夫婦岩が織りなす「日本の渚百選」の一つ「二見ケ浦」、糸島の冬の代名詞ともいえる「かき小屋」、新鮮な野菜が揃う「伊都菜彩」など、都市部からの喧騒を忘れて気軽に、自然や文化、糸島の大地と海の恵みを堪能できるスポットが溢れています。

ふるさと納税の使い道情報

  1. 1.自然環境の保全に関する事業

  2. 2.市民活動の推進に関する事業

  3. 3.都市基盤整備又は産業の振興に関する事業

  4. 4.子育て環境又は子どもの教育の充実に関する事業

  5. 5.市民の健康づくり又は福祉の向上に関する事業

  6. 6.文化財保護又は伝統文化の継承に関する事業

  7. 7.九州大学との連携によるまちづくり事業

  8. 8.その他市長が特に必要と認めた事業

おすすめキャンペーン

おすすめ特集

関連特集

  • 中国特集

    中国特集

    山陰と山陽からなる名産品ゆたかな地方

  • 関東特集

    関東特集

    豊かな水が広大な平野を潤す 政治経済の中心地

  • 沖縄特集

    沖縄特集

    「めんそ~れ」沖縄の魅力いっぱい♪

  • 近畿特集

    近畿特集

    歴史と文化が交わる西日本の中核

ページ上部へ