ランキングとレビューで探せる利用率No.1ふるさと納税サイト

  1. 「ふるさと納税」ホーム  > 
  2. お礼品から探す  > 
  3. 惣菜・加工品  > 
  4. その他加工品  > 
  5. 高知県南国市産 菊芋粉末(100g×1袋)

お礼品ID:1088271

高知県南国市産 菊芋粉末(100g×1袋)
高知県南国市産 菊芋粉末(100g×1袋)
高知県南国市産 菊芋粉末(100g×1袋)
高知県南国市産 菊芋粉末(100g×1袋)

高知県南国市産 菊芋粉末(100g×1袋)

高知県南国市

農薬を使わずに栽培した菊芋を粉末にしました。毎日の健康サポートにお役立てください。

0.0
0
寄付金額5,000円
  • 画像はイメージです。

  • 注意事項をご確認ください。

「コンビニ決済」「Pay-easy決済」をご希望の場合のご注意
  • ※お礼品の発送は、お支払い確認後となります。
  • ※お支払い手続きは、申込受付期間中に完了していただきますようお願いいたします。

お礼品の内容・特徴

テレビでも話題の健康野菜「菊芋」。
菊芋の主成分’イヌリン’は天然のインシュリンとも呼ばれ、健康食材として注目されています。
南国菊芋ファームでは栽培期間中農薬を使わず、有機栽培を徹底しており、畑の中にはカエルやミミズがいっぱい。菊芋を掘り起こすときはサギや小鳥がトラクターの後ろをついてきます。
そんな環境で作られた菊芋を、手軽に摂取できるよう粉末に加工しました。毎日の健康サポートにお役立てください。

《菊芋粉末の食べ方》
1日の摂取量7~10gを目安にお好みの調理法でお召し上がりください。
・コーヒーなど飲み物に入れて
・煮物・炒め物へ入れて
・ご飯へ入れて炊くなど

■生産者の声
有機栽培を徹底して、高知県南国市で農薬を使用せずに菊芋の栽培をしております。
そんな菊芋を手軽に摂取できるよう粉末に加工しました。
血糖値が気になる方、便秘気味の方を始め毎日の健康サポートに役立てたら幸いです。

■内容量/原産地
菊芋粉末(100g×1袋)
原産地:高知県南国市

■原材料
菊芋(高知県南国市産)

■賞味期限
製造日より1年

■注意事項/その他
製品へ乾燥剤は入れてありますが、開封後湿気に注意してください。
※画像はイメージです。

お礼品詳細

提供元 南国菊芋ファーム
カテゴリ

お申込み・配送・その他

発送時期 2019年11月中旬頃~順次発送
申込受付期間 通年
配達外のエリア
寄付証明書の
送付時期目安
申込完了日から2ヵ月程度

お支払方法

クレジットカード決済

Pay-easy決済

コンビニ決済

キャリア決済

  • 自治体、寄付金額ごとに使える決済方法は異なります。

  • Pay-easy決済、コンビニ決済に関しては、入金した日が寄付証明書に記載される納付日になります。

  • お支払方法について詳しくはこちら

ご注意事項

  • このページは、提供元からの情報に基づき、作成・掲載をしています。

  • 提供元の規格変更などに伴い、お礼品は、本サイト掲載の情報から予告なく変更となる場合がございます。

  • お礼品に関する義務表示事項(原材料、栄養成分、アレルギー情報、添加物など)については、お礼品到着後、お礼品の包装容器の表示ラベルをご確認ください。

高知県南国市からのおすすめお礼品

高知県南国市のご紹介

  1. 全国
  2. 高知県
  3. 南国市

南国市は高知県の中東部、高知市の東隣に位置しています。土佐日記で有名な紀貫之が国司として滞在した紀貫之邸跡、戦国時代には長宗我部元親が土佐を平定するとき、本拠地とした岡豊城跡など多くの文化財が残る歴史豊かな「土佐のまほろば」です。

日照量が多く、柑橘類や野菜の栽培も盛んに行われ、メロンやいちごといったものから、生産量日本一のししとう、切り口が四角いことで有名な四方竹など様々な特産物があります。また坂本龍馬の好物だったといわれているシャモ鍋も南国市で食べることができます。

ふるさと納税の使い道情報

  1. 健康・福祉の充実に関する事業

  2. 子育て支援及び教育環境の充実に関する事業

  3. 産業振興に関する事業

  4. 地域活性化に関する事業

  5. 文化・スポーツ活動の振興に関する事業

  6. 防災の強化に関する事業

  7. その他市長が必要と認める事業

おすすめキャンペーン

おすすめ特集

関連特集

  • 中部特集

    中部特集

    日本アルプスと二つの海の恵みいっぱい

  • 中国特集

    中国特集

    山陰と山陽からなる名産品ゆたかな地方

  • 沖縄特集

    沖縄特集

    「めんそ~れ」沖縄の魅力いっぱい♪

  • 近畿特集

    近畿特集

    歴史と文化が交わる西日本の中核

ページ上部へ