認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

  1. 「ふるさと納税」ホーム  > 
  2. お礼品から探す  > 
  3. 雑貨・日用品  > 
  4. 食器  > 
  5.   
  6. 皿・椀  > 
  7. 【漆ぬるべ会】漆発祥の地(※)、曽爾村の葉の漆器セット

お礼品ID:1085636

【漆ぬるべ会】漆発祥の地(※)、曽爾村の葉の漆器セット
【漆ぬるべ会】漆発祥の地(※)、曽爾村の葉の漆器セット

【漆ぬるべ会】漆発祥の地(※)、曽爾村の葉の漆器セット

奈良県曽爾村

日常使いできる、ちょっと贅沢なお箸とお皿のセット。来客用のお茶うけにもご利用ください。

0.0
0
寄付金額45,000円
  • 画像はイメージです。

  • 注意事項をご確認ください。

お礼品の内容・特徴

曽爾村には「漆部郷(ぬるべのさと)」という呼び名があります。これはその昔、倭武皇子(ヤマトタケルノミコト)が狩りをしていた際に、黒く染まる漆(うるし)を見つけ、漆産業を司る官を設置したという古文書の記録に由来します。
仕上げの塗りに、曽爾村の漆を使用した、日常使いのお箸と葉皿のセットです。

※朝日新聞デジタル(2018年6月26日)より

■生産者の声
奈良県曽爾村は、漆部の郷として呼ばれています。曽爾村には長い間、漆の木が多く自生していたことが伺えます。
しかし、近年の林業の隆盛と共に雑木林を伐採・植林し、杉・檜が大半を占める、現在の曽爾の山々には、漆の木は11本を残すのみになっていました。「村の共有地を使って漆の文化を復活させたい。」そんな思いを胸に、平成17年、塩井地区の全戸130名ほどが一念発起し、「漆ぬるべ会」を立ち上げたのです。そして、この返礼品のような製品を作ることが出来ました。一度手に取っていただき、古来の温かみを感じていただければ嬉しく思います。

■内容量・サイズ/製造地
箸(2膳)・・・約20cm
葉皿小(2枚)・・・約12~17cm
葉皿大(1枚)・・・長辺約15cm、短辺約13cm
製造地:奈良県曽爾村

■注意事項/その他
※自然材から製造をしておりますので、サイズには誤差があります。あらかじめご了承ください。
※画像はイメージです。


お礼品詳細

提供元 Take-2(漆ぬるべ会)
カテゴリ

お申込み・配送・その他

発送時期 2019-09-04~
申込受付期間 通年
配達外のエリア
寄付証明書の
送付時期目安
申込完了日から2ヵ月程度

お支払方法

クレジットカード決済

Pay-easy決済

コンビニ決済

キャリア決済

  • 自治体、寄付金額ごとに使える決済方法は異なります。

  • Pay-easy決済、コンビニ決済に関しては、入金した日が寄付証明書に記載される納付日になります。

  • お支払方法について詳しくはこちら

ご注意事項

  • このページは、提供元からの情報に基づき、作成・掲載をしています。

  • 提供元の規格変更などに伴い、お礼品は、本サイト掲載の情報から予告なく変更となる場合がございます。

  • お礼品に関する義務表示事項(原材料、栄養成分、アレルギー情報、添加物など)については、お礼品到着後、お礼品の包装容器の表示ラベルをご確認ください。

奈良県曽爾村のご紹介

  1. 全国
  2. 奈良県
  3. 曽爾村

曽爾村は奈良県の東北端に位置し、三重県名張市、津市、奈良県御杖村、宇陀市および東吉野村に接し、室生火山群に属する1,000m級の山々に囲まれた美しい火山地形からなっている、谷間盆地です。西の大関に例え岩肌もあらわな兜岩、鎧だけ、屏風岩などの珍しい柱状節理の目をみはるような絶景は国の天然記念物に指定されています。自然豊かな曽爾村は、初夏には蛍を見ることができる「蛍公園」などがあり、秋には東の横綱に例えススキの穂が草原一帯に銀色に光り、観光客も多く訪れます。心休まる四季折々の日本の原風景がここにあります。NPO法人「日本で最も美しい村」連合にも加盟しております。

ふるさと納税の使い道情報

  1. 自然環境・景観の保護

  2. 伝統文化の伝承

  3. 産業の振興

  4. 若者定住の促進

  5. 住民福祉の向上

  6. 村長に一任

おすすめキャンペーン

おすすめ特集

関連特集

  • 雑貨特集

    雑貨特集

    暮らしに役立つ ふるさとの文化が息づく

  • 食器特集

    食器特集

    先端も伝統も、ものづくりの心が宿る

ページ上部へ