認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

  1. 「ふるさと納税」ホーム  > 
  2. お礼品から探す  > 
  3. 果物・フルーツ  > 
  4. ぶどう・マスカット  > 
  5. 【期間限定】紫玉「巨峰種」 約1kg

お礼品ID:1083717

【期間限定】紫玉「巨峰種」 約1kg
冷蔵

【期間限定】紫玉「巨峰種」 約1kg

京都府京丹後市

「紫玉」は「巨峰」から生まれた早熟品種。

0.0
0
寄付金額10,000円
  • 離島、北海道、沖縄県はお届けできません。また、画像はイメージです。

  • 注意事項をご確認ください。

お礼品の内容・特徴

濃厚なコクと甘さと全体的に水分が多く、みずみずしく食べ応えがあるのが自慢です。
ぶどう好きな方におすすめです。是非ご賞味ください。

■生産者の声
わたし達が丹精込めて作りました、おいしいブドウができましたのでどうぞご賞味ください。

■内容量/原産地
紫玉「巨峰種」1kg
原産地:京都府京丹後市

■賞味期限
出荷日+4日

■注意事項/その他
・ 一房ずつ乾燥しないよう袋などに入れ、野菜庫に入れ保存してください。
・食べる直前に洗ってください。
・天候の影響により、種がある場合があります。
※画像はイメージです。

お礼品詳細

配送方法 クール便(冷蔵)
提供元 NPO法人 GREEN PLAN
カテゴリ

お申込み・配送・その他

発送時期 2019年8月上旬頃~順次発送
申込受付期間 受付期間外
配達外のエリア 離島、北海道、沖縄県
寄付証明書の
送付時期目安
申込完了日から2ヵ月程度

お支払方法

クレジットカード決済

  • 自治体、寄付金額ごとに使える決済方法は異なります。

  • お支払方法について詳しくはこちら

ご注意事項

  • このページは、提供元からの情報に基づき、作成・掲載をしています。

  • 提供元の規格変更などに伴い、お礼品は、本サイト掲載の情報から予告なく変更となる場合がございます。

  • お礼品に関する義務表示事項(原材料、栄養成分、アレルギー情報、添加物など)については、お礼品到着後、お礼品の包装容器の表示ラベルをご確認ください。

  • 離島、北海道、沖縄県はお届けできません。

京都府京丹後市からのおすすめお礼品

カテゴリに関連するお礼品

ぶどう・マスカット

さとふるではぶどう・マスカットのお礼品を多数掲載しています。そのまま食べてもおいしいですが、ぶどうジュースやシェイクにしたり、ゼリーやぶどうジャム、パウンドケーキなど様々なお菓子に活用できます。
ふるさと納税でぶどうやマスカットが届いたら、また生食できない量のぶどうやマスカットは、冷凍すると長持ちします。房をつけたままにすると栄養を吸い取られてしまうので、早めに房から外してください。ひと粒ずつバラバラにしたらサッと洗い、水分を拭き取ってから密閉容器などに入れて冷凍します。皮付きのまま保存しても問題ありません。
※お礼品や季節・環境によって消費期限や賞味期限が異なりますのでご注意ください。
※お礼品によって調理方法、保存方法、解凍方法が異なる場合がございます。お召し上がりの際にはお礼品の説明等をご確認ください。

京都府京丹後市のご紹介

  1. 全国
  2. 京都府
  3. 京丹後市

京丹後市は日本列島のほぼ中央、京都府北部の日本海に面する位置にあり、「ユネスコ世界認定」を受けている「山陰海岸ジオパーク」の美しい海岸線を有する美しいまちです。

「丹後ちりめん」発祥の地でもあり、絹織物の生産量は日本一を誇ります。

四季折々の豊かな自然が育んだ、ブランド松葉ガニ「間人(たいざ)がに」をはじめとする新鮮な魚介類やお米、果物など旬の海の幸、山の幸をぜひご堪能ください。

京丹後市の魅力に触れてみませんか。

ふるさと納税の使い道情報

  1. 1.使途指定しない

  2. 2.にぎわいのふるさと応援事業

  3. 3.環境のふるさと応援事業

  4. 4.健康と福祉のふるさと応援事業

  5. 5.未来を拓く子どもを育むふるさと応援事業

  6. 6.市民協働と生涯学習のふるさと応援事業

  7. 7.安心のふるさと応援事業

  8. 8.コミュニティビジネス応援事業

  9. 9.その他市長が必要と認める事業

おすすめキャンペーン

おすすめ特集

関連特集

  • 関東特集

    関東特集

    豊かな水が広大な平野を潤す 政治経済の中心地

  • 中国特集

    中国特集

    山陰と山陽からなる名産品ゆたかな地方

  • 四国特集

    四国特集

    自然の恵み、ご当地グルメの宝庫

  • 近畿特集

    近畿特集

    歴史と文化が交わる西日本の中核

ページ上部へ