ランキングとレビューで探せる利用率No.1ふるさと納税サイト

お礼品ID:1083028

江崎グリコレトルト食品詰合せ

江崎グリコレトルト食品詰合せ

宮城県加美町

宮城県加美町にある仙台グリコ(株)で生産した江崎グリコのレトルト食品詰合せです。

4.0
1
寄付金額10,000円
  • 画像はイメージです。

  • 注意事項をご確認ください。

「コンビニ決済」「Pay-easy決済」をご希望の場合のご注意
  • ※お礼品の発送は、お支払い確認後となります。
  • ※お支払い手続きは、申込受付期間中に完了していただきますようお願いいたします。

お礼品の内容・特徴

宮城県加美町にある仙台グリコ(株)では、おなじみの江崎グリコの「カレー職人」シリーズ、「DONBURI亭」シリーズ、「炊き込み御膳」シリーズなどを生産し、全国に出荷しております。原料、品質にこだわってつくった製品をご賞味ください。

■内容量/製造地
・カレー職人3種(なすとトマト、老舗洋食、欧風):各170g
・カレー職人3食入り(170g×3)
・常備用カレー職人3食入り(170g×3)
・DONBURI亭:160g
・炊き込み御膳 五目ごはん:272g(具194g、だし78g)
・炊き込み御膳 鶏ごぼう:238g(具160g、だし78g)
・彩菜亭2種(麻婆なす、そぼろ丼):各140g
・中華丼3食入り:480g(160g×3袋)
計11種 17食分

製造地:すべて宮城県加美郡加美町

■原材料
お礼品のラベルに記載
※アレルギー物質などの表示につきましては、さとふるサポートセンターまでご連絡ください。


■賞味期限
常備用カレー職人:2年
その他すべて:90日

■注意事項/その他
・賞味期限は3ヶ月以上ある状態でお届けします。生産日の都合で製品ごとに期限が違うことがあります。ご確認の上ご賞味ください。
・お申込みが集中した際は、お届けまでに時間がかかる可能性があります。
・在庫状況により詰合せ品の一部内容は、同等品と差し替える場合があります。

お礼品詳細

提供元 グリコマニュファクチュアリングジャパン株式会社仙台工場
カテゴリ

お申込み・配送・その他

発送時期 2020-09-20~
申込受付期間 通年
配達外のエリア
寄付証明書の
送付時期目安
申込完了日から2週間程度

お支払方法

クレジットカード決済

Pay-easy決済

コンビニ決済

キャリア決済

  • 自治体、寄付金額ごとに使える決済方法は異なります。

  • Pay-easy決済、コンビニ決済に関しては、入金した日が寄付証明書に記載される納付日になります。

  • お支払方法について詳しくはこちら

ご注意事項

  • このページは、提供元からの情報に基づき、作成・掲載をしています。

  • 提供元の規格変更などに伴い、お礼品は、本サイト掲載の情報から予告なく変更となる場合がございます。

  • お礼品に関する義務表示事項(原材料、栄養成分、アレルギー情報、添加物など)については、お礼品到着後、お礼品の包装容器の表示ラベルをご確認ください。

宮城県加美町からのおすすめお礼品

お礼品レビュー

※レビューは投稿された時点の内容です。該当のお礼品を選択するための寄付金額などが変更となっている場合があります。

評価:

san

2020年02月03日

いろんな味を楽しめます。

宮城県加美町のご紹介

  1. 全国
  2. 宮城県
  3. 加美町

加美町は、平成15年4月1日、中新田町、小野田町、宮崎町が合併し誕生しました。宮城県の北西部に位置し、面積は約461平方キロメートルあり、県内でも有数の面積を有しています。「自然との共生」と「町民との協働」を基本理念に、善意と資源とお金が循環する、人と自然に優しいまちづくりを進めています。秀峰 薬莱山と鳴瀬川の清流により育まれた加美町は、どこか懐かしい里山風景が広がり、子供から大人まで楽しめる様々なアウトドアスポーツや、歴史的に価値のある貴重な文化、古墳や遺跡が沢山あります。

是非一度お越しください。加美町への温かい応援をお待ちしております。

ふるさと納税の使い道情報

  1. 1.活力あるふるさとづくりのために

  2. 2.ふるさとの未来を担う子ども達のために

  3. 3.ふるさとの自然環境を守るために

おすすめキャンペーン

おすすめ特集

関連特集

  • カレー特集

    カレー特集

    もはや『国民食』!? 地カレーも揃っています!

  • 中国特集

    中国特集

    山陰と山陽からなる名産品ゆたかな地方

  • 沖縄特集

    沖縄特集

    「めんそ~れ」沖縄の魅力いっぱい♪

  • 近畿特集

    近畿特集

    歴史と文化が交わる西日本の中核

ページ上部へ