認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

  1. 「ふるさと納税」ホーム  > 
  2. お礼品から探す  > 
  3. 果物・フルーツ  > 
  4. りんご  > 
  5. とき 訳あり品 約5kg APPLEARK<10月上旬~発送>

お礼品ID:1077841

とき 訳あり品 約5kg APPLEARK<10月上旬~発送>
冷蔵

とき 訳あり品 約5kg APPLEARK<10月上旬~発送>

青森県藤崎町

青森県知事認証資格エコファーマー取得園地の【とき】です。

0.0
0
寄付金額10,000円
  • 離島はお届けできません。また、画像はイメージです。

  • 注意事項をご確認ください。

お礼品の内容・特徴

赤りんごと青りんごの代表品種ふじ×王林の交配で誕生した【とき】は両者の良さを受け継いだ芳醇な香りとシャキシャキとした食感が魅力で、糖度が高く、濃い味がお好きな方にお薦めのりんごです。太陽に当たってうっすらと紅色に染まっている面は、美味しさの印です。
台湾では、青森県内生産量No.1(※)の「ふじ」を追い抜く勢いで人気が高まっているとして、近年注目が集まっている品種となっております。青森の伝統工芸”こぎん刺し”を施したクラフト箱にお入れして皆様にお届け致します。
※2017年データで見るりんご:青森県の品種別生産量/青森県庁

■生産者の声
津軽平野の真ん中に位置する"藤崎町"は、地域のほとんどが平地であるため、太陽光が均等に当たり、風通しや水はけに優れているのが特徴です。根域が広く、病気に強い第4紀沖積層という地質に恵まれており、りんご栽培に適した土壌環境として県内では定評を頂いております。
また、栽培期間中は土づくりを精力的に行い、化学肥料・化学合成農薬を減らした持続性の高い農業に取り組む【エコファーマー認定園】として青森県知事により認められております。
栽培期間除草剤を使用せず、天然の有機肥料を追肥することで人と環境に優しい土壌を作り、安全管理の行き届いた農場でりんごを栽培しております。

■内容量/原産地
とき 訳あり品 約5kg(14~22個入り)
原産地:青森県藤崎町

■賞味期限
10日

■注意事項/その他
※キズ、色ムラ、ツル割れの大小等ありますが、味は贈答用りんごと変わりませんので安心してお召し上がり下さい。
※玉のサイズは指定出来かねます。
※玉のサイズによって、入っている個数が異なります。
※直射日光や高温多湿を避け、出来るだけお早めにお召し上がり下さい。
※在庫限度数に達した場合、予告なく締切日前に受付終了とさせていただきます。
※農作物のため、天候や育成状況により出荷時期が前後する場合がございますので予めご了承下さい。

※「コンビニ決済」「Pay-easy決済」をご希望の場合のご注意※
返礼品の発送は、お支払い確認後となります。
お支払いの手続きは、申込受付期間中に完了していただきますようお願い致します。
※画像はイメージです。

お礼品詳細

提供元 (株)テラスビジョン 櫛引農園
カテゴリ

お申込み・配送・その他

発送時期 2019-10-03~2019-11-02
申込受付期間 ~2019-10-22迄
配達外のエリア 離島
寄付証明書の
送付時期目安
申込完了日から2ヵ月程度

お支払方法

クレジットカード決済

Pay-easy決済

コンビニ決済

キャリア決済

  • 自治体、寄付金額ごとに使える決済方法は異なります。

  • Pay-easy決済、コンビニ決済に関しては、入金した日が寄付証明書に記載される納付日になります。

  • お支払方法について詳しくはこちら

ご注意事項

  • このページは、提供元からの情報に基づき、作成・掲載をしています。

  • 提供元の規格変更などに伴い、お礼品は、本サイト掲載の情報から予告なく変更となる場合がございます。

  • お礼品に関する義務表示事項(原材料、栄養成分、アレルギー情報、添加物など)については、お礼品到着後、お礼品の包装容器の表示ラベルをご確認ください。

  • 離島はお届けできません。

青森県藤崎町のご紹介

  1. 全国
  2. 青森県
  3. 藤崎町

藤崎町は、青森県津軽平野のほぼ中央に位置し、総面積は37.26平方キロメートルで、町域には山岳・原野がなく、地質は第4紀沖積層に属する、農業に適した肥沃な土壌に恵まれています。気候は、津軽平野の中では比較的温暖で、水と緑に囲まれた豊かな自然が四季折々に彩りを添えるなど、変化に富んでいます。

☆藤崎町はりんご「ふじ」発祥の地

~生産量世界一のりんご「ふじ」のルーツはここにあり~

現在、世界一の生産量を誇るりんごの品種「ふじ」は、津軽平野のほぼ中央に位置する藤崎町で生まれたりんごです。昭和13年、藤崎町に「農林省園芸試験場東北支場」が創設され、寒冷地の園芸作物に関する広範な研究が行われ、数々の目覚ましい成果を生み出しました。その最大の成果が「ふじ」の育成です。昭和14年に「国光」を母、「デリシャス」を父として交配が行われ、昭和26年に初めて実を付けました。昭和37年、日本を代表する富士山と藤崎町の一字をとって「ふじ」と命名されました。

ふるさと納税の使い道情報

  1. (1) 未来を担う子ども達の育成に関する事業

  2. (2) 産業の振興に関する事業

  3. (3) 健康増進及び福祉の向上に関する事業

  4. (4) スポーツ及び文化の振興に関する事業

  5. (5) その他町長が必要と認める事業

おすすめキャンペーン

おすすめ特集

関連特集

ページ上部へ