認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

  1. 「ふるさと納税」ホーム  > 
  2. お礼品から探す  > 
  3. 魚介・海産物   
  4. 調味料  > 
  5. 海苔・海藻   
  6. その他調味料  > 
  7. 海苔   
  8. その他調味料  > 
  9. 京のお海苔&ふりかけシリーズ 2p 【炒ごま&梅のり】(梅は京都青谷城州白梅使用)

お礼品ID:1044397

京のお海苔&ふりかけシリーズ 2p 【炒ごま&梅のり】(梅は京都青谷城州白梅使用)
京のお海苔&ふりかけシリーズ 2p 【炒ごま&梅のり】(梅は京都青谷城州白梅使用)
京のお海苔&ふりかけシリーズ 2p 【炒ごま&梅のり】(梅は京都青谷城州白梅使用)
京のお海苔&ふりかけシリーズ 2p 【炒ごま&梅のり】(梅は京都青谷城州白梅使用)

京のお海苔&ふりかけシリーズ 2p 【炒ごま&梅のり】(梅は京都青谷城州白梅使用)

京都府城陽市

京のお海苔&京のふりかけシリーズ【炒ごまふりかけ&梅のり】

0.0
0
寄付金額5,000円
  • 画像はイメージです。

  • 注意事項をご確認ください。

お礼品の内容・特徴

梅は京都城陽の青谷産城州白梅を使用しております。
梅のりは有明海産の上級グレードの海苔を使用した製品です。味付海苔の表面に城州白梅粉末をふんだんにふりかけ加工しました。
ふりかけは味付のりを手揉し、その海苔とごまのみのとてもシンプルな製品です。中身は味付のりがいっぱい入った他ではあまりみかけないお海苔屋さん拘りのふりかけです。
ごはんのお供以外にも薬味がわりといろいろと用途がございます。

■内容量/原産地
炒ごまふりかけ(40g)x1缶
梅のり「板のり4枚分」(10切40枚入り)x1缶
原産地:国内産

■原材料
お礼品に記載
※アレルギー物質などの表示につきましては、さとふるサポートセンターまでご連絡ください。

■賞味期限
いずれも9ヶ月

■注意事項/その他
高温多湿を避け、開封後はお早くお召し上がりください。
※画像はイメージです。

お申込み・配送・その他

発送時期 お申込みから2週間程度
申込受付期間 通年
配達外のエリア
寄付証明書の
送付時期目安
申込完了日から2ヵ月程度

お支払方法

クレジットカード決済

Pay-easy決済

コンビニ決済

キャリア決済

  • 自治体、寄付金額ごとに使える決済方法は異なります。

  • Pay-easy決済、コンビニ決済に関しては、入金した日が寄付証明書に記載される納付日になります。

  • お支払方法について詳しくはこちら

ご注意事項

  • このページは、提供元からの情報に基づき、作成・掲載をしています。

  • 提供元の規格変更などに伴い、お礼品は、本サイト掲載の情報から予告なく変更となる場合がございます。

  • お礼品に関する義務表示事項(原材料、栄養成分、アレルギー情報、添加物など)については、お礼品到着後、お礼品の包装容器の表示ラベルをご確認ください。

京都府城陽市からのおすすめお礼品

カテゴリに関連するお礼品

海苔・海藻

さとふるでは海藻類のお礼品を多数掲載しています。海藻類は種類が豊富で、その多くが乾物として出回っており、これらは一旦水で戻してから調理します。塩蔵ワカメは、水洗いして塩抜きをしてからお使いください。ヒジキと大豆や野菜の炒め煮、身欠きにしんなどを昆布で巻いて煮しめる昆布巻き、ワカメと筍の煮物、ワカメの味噌汁など定番料理にお使いいただけます。水で戻した海藻を酢の物やサラダの具材にしたり、鰹節と昆布で日本料理に欠かせない一番だしをとるなど、その使い道は様々です。各地のうまみがつまったおいしい海藻類をご堪能ください。
ふるさと納税のお礼品として海藻類が届く場合、大きく分けて乾燥したものと塩漬けなどにしたものがあります。乾燥した海藻類は、常温で保存することが可能です。湿気を嫌うため、缶などに入れて保存してください。塩漬けにした塩蔵ワカメは、冷蔵庫である程度の期間保存することができます。ビニールの保存袋に入れ、空気を抜いて保存してください。また、ワカメの根元をメカブと呼びますが、細かく刻んだメカブは密閉容器に入れて冷凍保存も可能です。
※お礼品や季節・環境によって消費期限や賞味期限が異なりますのでご注意ください。
※お礼品によって調理方法、保存方法、解凍方法が異なる場合がございます。お召し上がりの際にはお礼品の説明等をご確認ください。

京都府城陽市のご紹介

  1. 全国
  2. 京都府
  3. 城陽市

「歴史と未来をつなぎ、人をはぐくむ緑のまち・城陽」へようこそ

城陽市は、奈良と京都の2つの古都の中間に位置する “五里五里のさと” として、多くの古人(いにしえびと)が街道を行き交い、文化・交通の要衝として発展してきたという歴史を有しています。

一方で、新名神高速道路の全線開通に伴い、京阪神と中京圏の2大経済圏を結ぶ国土軸の一翼を担うこととなり、ヒト・モノの流れにおいて、かつてない大きな変化が起ころうとしています。

歴史性に富んだ“五里五里のさと”と未来に繋がる“国土軸の都市”が交わる立地特性を生かすことで、近畿地方の拠点地域として新たな交流を生み出すことが可能となります。

市内だけでなく市外からも多くの人々が訪れ、にぎわいと活力を生み出すとともに、市民が緑に包まれながら生き生きと暮らし、人の和の中で次代を担う人材が育まれることにより、「希望あふれる城陽」「誰もが輝いている城陽」の実現をめざします。

ふるさと納税の使い道情報

  1. 高齢者や子育て世帯、障がい者等の支援その他の民生費に区分される事業に関すること(民生費)

  2. 城陽市のPR、観光振興その他の商工費に区分される事業に関すること(商工費)

  3. 道路、河川、公園等の整備その他の土木費に区分される事業に関すること(土木費)

  4. 学校教育やスポーツ、文化財保護その他の教育費に区分される事業に関すること(教育費)

  5. 城陽市の事業全般(1から4に掲げる事業を含む)に関すること

おすすめキャンペーン

おすすめ特集

関連特集

  • 関東特集

    関東特集

    豊かな水が広大な平野を潤す 政治経済の中心地

  • 中部特集

    中部特集

    日本アルプスと二つの海の恵みいっぱい

  • 近畿特集

    近畿特集

    歴史と文化が交わる西日本の中核

  • 調味料特集

    調味料特集

    定番から、地域ならではの一品まで 旨さを際立たせる

ページ上部へ