認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

  1. 「ふるさと納税」ホーム  > 
  2. お礼品から探す  > 
  3. そうめん・ひやむぎ  > 
  4. 【安城特産】 和泉手延長そうめん&手延ひやむぎ 詰合せ

【安城特産】 和泉手延長そうめん&手延ひやむぎ 詰合せ       

愛知県安城市 寄付金額10,000円
お礼品ID:1039310
【安城特産】 和泉手延長そうめん&手延ひやむぎ 詰合せ

レビュー

  •   
  • (0人の評価)

ふるさと納税 レビュー投稿キャンペーン2018年8月度

【半生麺の手延そうめん】独特のモチモチした強いコシとツルツルの喉越しをお楽しみください。

安城市和泉(いずみ)地区で生まれた【和泉手延長そうめん】とそうめんより少し太い【手延ひやむぎ】の食べ比べをお楽しみ下さい。

【和泉手延長そうめん】の美味しい3つの特徴。
1. “日本有数の長さの” 手延そうめん…約3.6mもの長さに延ばします。この長く延ばすことで独特のモチモチとした強いコシが生まれます。
2.珍しい! “半生麺” の手延そうめん…そうめんは乾麺が主流ですが、【和泉手延長そうめん】は “半生麺” です。乾燥させた麺に湿度を与えてやわらかく “半生もどし” にします。 “半生もどし” によって麺の表面が滑らかになりツルツルの喉越しになります!
3. “夏” 限定の製造…多くのそうめん産地は冬に作りますが、このそうめんは夏の時期に約200年前から今も変わらぬ製法で作られています。夏の時期にしか楽しめません。

■生産者の声
間杉(ますぎ)手延製麺所は、創業40年以上になります。
江戸時代より約200年前に安城市で生まれた独特の手延べ製法を今も大切にしています。
天候によって変わる気温や湿度など自然環境と向き合いながら時間や手間を惜しまず、練りから袋詰めまで手作業で1つ1つ心を込めて丁寧に製造しています。麺の強さや延び具合の状態を手で感じ取り、職人が一つ一つ延ばすことで生み出される美味しさがあります。
麺は、“人間関係を良くする縁起物”と伝えられています。
「麺は、良縁を結ぶ」 手延べ麺の美味しさがあなたやあなたの大切な人の心を幸せへと繋ぎます。

■内容量
・手延長そうめん (半生麺) 2袋 〔360g/1袋〕
・手延ひやむぎ (半生麺) 2袋 〔200g/1袋〕
・手延うどん (乾麺) 2束 〔225g/1束〕
・手延ひやむぎ (乾麺) 2束 〔225g/1束〕

■原材料
手延長そうめん(半生麺):小麦粉、天然塩、コーン油(塗布用)
手延ひやむぎ(半生麺):小麦粉、天然塩、コーン油(塗布用)、デンプン(打ち粉)
手延うどん(乾麺):小麦粉、天然塩、コーン油(塗布用)、デンプン(打ち粉)
手延ひやむぎ(乾麺):小麦粉、天然塩、コーン油(塗布用)、デンプン(打ち粉)

■賞味期限
・手延長そうめん(半生麺)〔360g/1袋〕 90日
・手延ひやむぎ(半生麺)〔200g/1袋〕 90日
・手延うどん(乾麺)〔225g/1束〕 180日
・手延ひやむぎ(乾麺)〔225g/1束〕 180日

■注意事項/その他
・当製麺所の半生麺は、一度乾燥させていますので90日の賞味期限です。未開封の場合、直射日光の当たらない涼しいところでの常温保存が可能です。
・繁忙期には、お届けまでお時間をいただく場合がございます。
※画像はイメージです。

※「コンビニ決済」「Pay-easy決済」をご希望の場合のご注意※
返礼品の発送は、お支払い確認後となります。
お支払い手続きは、申込受付期間中に完了していただきますようお願いいたします。

このページは、提供元からの情報に基づき、作成・掲載をしています。
提供元の規格変更などに伴い、お礼品は、本サイト掲載の情報から予告なく変更となる場合がございます。
お礼品に関する義務表示事項(原材料、栄養成分、アレルギー情報、添加物など)については、お礼品到着後、お礼品の包装容器の表示ラベルをご確認ください。

製造地 愛知県安城市
発送時期
お申込みから1週間程度
カテゴリ そうめん・ひやむぎ
申込受付期間 受付期間外
提供元 間杉手延製麺所
寄付証明書の
送付時期目安
申込完了日から2ヵ月程度
   

豊富な決済方法

愛知県安城市からのおすすめのお礼品

このカテゴリに関連するお礼品

愛知県安城市のご紹介

安城市は、愛知県のほぼ中央部、西三河平野の中にあり、中部経済圏の中心都市名古屋市から30km圏内に位置しています。

明治用水の豊かな水にはぐくまれ、かつては「日本デンマーク」と呼ばれ、全国に名を広めるほど農業先進都市として発展してきました。稲作、果樹などを栽培し、なかでもイチジクは全国有数の産地となっています。また、地理的条件にも恵まれ、自動車関連企業をはじめとする大企業の進出、住宅団地の建設による都市の形成により、今では都市と田園のバランスが取れたまちとなっています。

このようななか安城市では、平成28年度より第8次総合計画をスタートし「幸せつながる健幸都市 安城」の実現に向けて各事業を推進しています。そして、市民の「豊かさ」や「幸せ」を高めるため「健康」、「環境」、「経済」、「きずな」、「こども」の5つの要素をより深める取組を進めています。

ページ上部へ