ランキングとレビューで探せる利用率No.1ふるさと納税サイト

  1. 「ふるさと納税」ホーム  > 
  2. お礼品から探す  > 
  3. 野菜  > 
  4. とうもろこし  > 
  5. 【先行受付】北海道恵庭産 スイートコーン イエロー・ホワイト2種詰合せ

お礼品ID:1039126

【先行受付】北海道恵庭産 スイートコーン イエロー・ホワイト2種詰合せ
【先行受付】北海道恵庭産 スイートコーン イエロー・ホワイト2種詰合せ

【先行受付】北海道恵庭産 スイートコーン イエロー・ホワイト2種詰合せ

北海道恵庭市

一度食べたら忘れられない甘さ、美味しさを味わってみて下さい。

4.6
14
寄付金額13,000円
お礼品発送予定時期
2022年8月上旬以降、お申し込み後1~2週間程度で順次発送予定
品切れ中

次回入荷時期は未定です。

  • 離島はお届けできません。また、画像はイメージです。

  • 注意事項をご確認ください。

冷蔵
「コンビニ決済」「Pay-easy決済」をご希望の場合のご注意
  • ※お礼品の発送は、お支払い確認後となります。
  • ※お支払い手続きは、申込受付期間中に完了していただきますようお願いいたします。

お礼品の内容・特徴

恵庭の緑豊かな自然の中で、丹精込めて育て上げたとうもろこしです。
北海道ならではの寒暖差と肥沃な大地の養分で甘さが凝縮されたスイートコーンです。
品種は、恵味ゴールド(恵庭かのな協同組合のゆできびに使用し大好評)・ピュアホワイト・雪の妖精の中から20本 (Lサイズ以上) をお届けします。

■生産者の声
普通に茹でて食べても美味しいですが、レンジで調理して食べると甘みが強くおいしいです。ホワイトはそのまま生でも食べれます。

■内容量
黄色系 :恵味ゴールド 10本
白色系 :ピュアホワイト・雪の妖精 いずれか10本

■賞味期限
出荷日+7日
※到着後冷凍庫で保管する場合7ヶ月

■注意事項/その他
※気象条件等により予定よりも収穫が遅れる場合もありますので、予めご了承ください。
※白色系(ピュアホワイト・雪の妖精)は選べません。どちらかの品種10本お届けします。
※画像はイメージです。


お礼品詳細

原産地 北海道恵庭市
配送方法 クール便(冷蔵)
提供元 恵庭かのな協同組合
カテゴリ

お申込み・配送・その他

申込受付期間 ~2022年8月31日迄
配達外のエリア 離島

寄付金受領証明書の発送予定時期

入金確認日から2週間程度

お支払方法

クレジットカード決済

コンビニ決済

PayPayオンライン決済

キャリア決済

Pay-easy決済

  • 自治体、寄付金額ごとに使える決済方法は異なります。

  • Pay-easy決済、コンビニ決済に関しては、入金した日が寄付証明書に記載される納付日になります。

  • お支払方法について詳しくはこちら

ご注意事項

  • このページは、提供元からの情報に基づき、作成・掲載をしています。

  • 提供元の規格変更などに伴い、お礼品は、本サイト掲載の情報から予告なく変更となる場合がございます。

  • お礼品に関する義務表示事項(原材料、栄養成分、アレルギー情報、添加物など)については、お礼品到着後、お礼品の包装容器の表示ラベルをご確認ください。

  • 離島はお届けできません。

北海道恵庭市からのおすすめお礼品

カテゴリに関連するお礼品

とうもろこし

さとふるではとうもろこしのお礼品を多数掲載しています。とうもろこしは茹でたり焼いたりしてそのまま召し上がるのが甘みを堪能できおすすめです。水洗いしてラップでしっかりと包み、電子レンジで4~5分ほど加熱すると時間短縮になります。軸と一緒に煮込んでスープにしたり、かき揚げや塩バター味の炊き込みご飯にしたりするのもおすすめです。口いっぱいに広がるみずみずしいとうもろこしの甘みをお楽しみください。
ふるさと納税のお礼品としてとうもろこしが届いたら、なるべく早めに食べきるのがおすすめです。すぐに召し上がれない場合は皮付きのままラップに包んで野菜室に入れてください。茹でたてをラップに包んで保存しておけば、2日ほどおいしく召し上がれます。冷凍する場合は固めに茹でて実だけにし、密閉容器に入れて冷凍庫に入れてください。
※お礼品や季節・環境によって消費期限や賞味期限が異なりますのでご注意ください。
※お礼品によって調理方法、保存方法、解凍方法が異なる場合がございます。お召し上がりの際にはお礼品の説明等をご確認ください。

お礼品レビュー

※レビューは投稿された時点の内容です。該当のお礼品を選択するための寄付金額などが変更となっている場合があります。

評価:

がまがえる

2021年09月04日

九州の知り合いに送りました。たくさん入っている上に美味しかったと喜んでもらえました。

評価:

成田直仁

2021年08月22日

今日ついこの前寄付したトウモロコシが届きました。 すっかり寄付したのを忘れ、スーパーでトウモロコシを買ってしまったので、せっかくなので食べ比べと届いたものも合わせて茹でてみました。 最初に届いたものを食べてしまい、買ったものをガッカリするよりと思い、買ったものから順番に食べました。どれも美味しいって感じですが、甘味のレベルが1個上?って感じです。 その後茹でずに白いトウモロコシを食したところ、メチャ美味い!!!って家族で絶賛です!これを知ったらスーパーの買えないかもです。 トウモロコシでこんなに美味しいって初めてです。またリピートしたいです♪

評価:

さっちゃん

2021年08月05日

イエローとホワイト食べました。イエローは大きく甘かった。ホワイトは少し小ぶりでしたがこちらも甘い。甘さはそれぞれ違います。ホワイトはTVとかても紹介さらていて食べてみたかったので満足です。

評価:

亜希子

2020年12月05日

2種類のとうもろこし、どちらも甘くて美味しかったです。 たくさん入っていたので妹と母と分け合いました。とても喜んでくれました。 本当に、甘くて美味しかったです。

評価:

石田敏則

2020年08月31日

以前、北海道に旅行した時に食べた、ホワイトコーンを思い出し、今回、お礼品を決めました。 湯がいて4分、先ずは一かじり、あーこの甘さ!北海道思い出す。一粒一粒が瑞々しくて 選んでよかったです。また、食べたいと思います。

評価:

せごどん

2021年09月15日

ホワイトコーンより、黄色のとうもろこしが甘くて、美味しかったです。全てのとうもろこしが、粒揃いでした。

評価:

あま

2021年08月30日

申し込みから到着まで一週間ほどでした。20本も入っているのでお裾分けもできました。白いトウモロコシは小ぶりでしたが甘い!黄色はかじるとジュっとみずみずしくこちらも甘い!またかならずリピートします。ごちそうさまでした。

評価:

papakiyo

2021年08月17日

昨日待ちに待ってトウモロコシが届きました。北海道産ですので味は問題なく甘くておいしいです。ホワイトは甘さはピカ1です。イエローはコーンポタージュのように濃厚で甘く、これぞトウモロコシ!!といううまさでした。ただ。イエローは小粒なのでもう少し大粒のほうが食べやすいし食べ応えがあると感じた。

評価:

くろ

2020年12月20日

とうもろこしのお取り寄せは初めてで少し不安でしたが甘かったです。来年も注文したいです。

評価:

みーちゃんママ

2020年09月09日

クール宅急便で冷んやりフレッシュなとうもろこしが届きました。スーパーには無い大きく実が詰まったズッシリ重い立派なとうもろこしでした。とうもろこしの風味を損なわぬよう皮付きのままレンジで温めいただきました。ジューシーで甘くて美味しかったです。こんな美味しい作物を作ってくれた農家の方、フレッシュなまま運んでくれた運送業の方に感謝しています。ご馳走さまでした。

北海道恵庭市のご紹介

  1. 全国
  2. 北海道
  3. 恵庭市

北海道恵庭市は札幌市や新千歳空港に近く、市域の西側にある支笏洞爺国立公園の一角に位置する恵庭渓谷は、その豊かな自然と四季折々の彩りをみせる人気の観光スポット。花づくりが盛んで、個人の庭を開放したオープンガーデンに全国各地からたくさんの方が見学に訪れています。読書活動も盛んで、全国に先駆けて実施したブックスタート事業など、読書のまちづくりにも力を入れています。豊かな水資源を求め、大手ビール工場(サッポロビール北海道工場)など食品関連企業の立地が進んでいます。

恵庭市が目指す将来都市像は「花・水・緑 人がつながり夢ふくらむまち えにわ」。恵庭らしさを活かした魅力あるまちづくりを応援していただける皆様からのご支援をお待ちしております。

ふるさと納税の使い道情報

  1. 子育て支援事業

  2. 水と緑と花のまちづくり事業

  3. 社会福祉推進事業

  4. 青少年・文化振興事業

  5. スポーツ振興事業

  6. 農業振興事業

  7. 高等学校等入学準備金支給事業

  8. 市長におまかせ

おすすめキャンペーン

おすすめ特集

関連特集

  • 野菜特集

    野菜特集

    産地直送! 旬の時期に収穫された農家さん自慢の野菜をお届けします。

  • 四国特集

    四国特集

    自然の恵み、ご当地グルメの宝庫

  • 中部特集

    中部特集

    日本アルプスと二つの海の恵みいっぱい

  • 近畿特集

    近畿特集

    歴史と文化が交わる西日本の中核

ページ上部へ