認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

【ふるさと名物】いかセット       

青森県むつ市 寄付金額10,000円
お礼品ID:1037496
【ふるさと名物】いかセット

レビュー

  •   
  • (0人の評価)

ふるさと納税 お礼品レビュー投稿キャンペーン2018年5月度

青森で獲れた新鮮ないかを主原料とし、ひとつひとつ丹念に心を込めて造っています。

『真いか塩辛』・『真いか三升漬』は様々の料理法を通して、するめいかのおいしさを知り尽くした職人が手間ひまかけて造り上げたこだわりの逸品です。じっくり時間をかけて熟成しているため、塩角のない滑らかな口当たりは癖がなく、どなたでも食べやすく、いか本来の甘みや旨みを楽しめます。

『いかずし』は新鮮なするめいかの動態にキャベツなどの生野菜といか足を一緒に詰めた、まろやかな味の酢漬けです。心を込めたむつ市のふるさと名物いかの製品をふんだんに盛り込んでおりますので、ぜひご賞味ください。

■生産者の声
青森県下北半島では季節を問わず魅力的な味覚に出会えます。日本海と太平洋がぶつかり合い津軽海峡の荒海で育った魚は身の締まりが格別です。そのような海の幸をはじめ、大地の恵みをたっぷりと受けた山の幸も豊富な下北半島。これからもマルモは、青森県の天然素材をはじめとした原料の鮮度に特別のこだわりを持ち、皆様に幸せと健康を運び続けて行く為に徹底した衛生管理のもと、新鮮な水産食品を造り続けてまいります。是非とも心温まる食の宝庫『うまいぞ下北半島』を合い言葉に、マルモの逸品をご用命ください。

■内容量/加工地
・いかずし(2尾入)
・真いか三升漬 170g
・真いか塩辛(赤) 120g
・真いか塩辛(白) 120g
・にしん黄金漬 350g
・真いか一夜干し(2枚入)
・真いか沖漬(1尾入)
[加工地:むつ市]

■原材料
【いかずし】いか、キャベツ、醸造酢、食塩、人参、生姜、発酵調味料、調味料(アミノ酸等)、砂糖、カツオぶしエキス、酸味料、甘味料(ステビア、甘草)、唐辛子、酸化防止剤(亜硫酸塩、エリソルビン酸Na)、pH調整剤、(原材料の一部にサバを含む) 
【真いか三升漬】真いか、醤油、麹、砂糖混合異性化液糖、唐辛子、魚介エキス、還元水飴、食塩、調味料(アミノ酸等)、ソルビトール、増粘多糖類、酒精、カラメル色素、酸味料、甘味料(ステビア)、(原料の一部に大豆、小麦、ゼラチンを含む) 
【真いか塩辛(赤)】いか、内臓、食塩、ソルビット、調味料(アミノ酸等)、甘味料(ステビア、甘草)、香辛料、増粘多糖類、着色料(紅麹色素、パプリカ色素)、(原材料の一部に豚を含む) 
【真いか塩辛(白)】いか、内臓、食塩、ソルビット、調味料(アミノ酸等)、甘味料(ステビア、甘草)、香辛料、増粘多糖類、着色料(紅麹色素、パプリカ色素)、(原材料の一部に豚を含む) 
【にしん黄金漬】にしん、数の子、ししゃも卵、菜の花、生姜、人参、醸造酢、砂糖、食塩、醤油、調味料(アミノ酸等)、酒精、着色料(銅葉緑素、赤106、赤102、黄4、黄5)、酸味料、甘味料(サッカリンNa、甘草)、保存料(ソルビン酸K)、亜硫酸塩、(原材料の一部に大豆、小麦、ゼラチン、サバを含む) 
【真いか一夜干し】いか、食塩 
【真いか沖漬】いか、醤油、発酵調味料、タンパク加水分解物、ソルビトール、調味料(アミノ酸等)、酸味料、(原材料の一部に大豆、小麦、ゼラチンを含む)

■賞味期限
すべて90日

■注意事項/その他
賞味期限は、冷凍状態で保管した場合の期限となります。解凍後は冷蔵庫で保管し、5日以内を目安にお召し上がり下さい。
※画像はイメージです。

このページは、提供元からの情報に基づき、作成・掲載をしています。
提供元の規格変更などに伴い、お礼品は、本サイト掲載の情報から予告なく変更となる場合がございます。
お礼品に関する義務表示事項(原材料、栄養成分、アレルギー情報、添加物など)については、お礼品到着後、お礼品の包装容器の表示ラベルをご確認ください。

※離島はお届けできません。

配送方法 クール便(冷凍)
発送時期
お申込みから1週間程度
カテゴリ その他魚介類
その他惣菜・加工品
申込受付期間 通年
提供元 (有)マルモ
寄付証明書の
送付時期目安
申込完了日から2ヵ月程度
   

豊富な決済方法

青森県むつ市のご紹介

むつ市は、本州最北端の下北半島に位置しており、津軽海峡、平舘海峡、陸奥湾の3つの海に囲まれ、「陸奥湾ホタテ」「海峡サーモン」など海の食材が豊富にあります。市の面積の多くが下北半島国定公園に指定されており、日本三大霊場の「恐山」や、「薬研」「湯野川」に代表される温泉、国の天然記念物である「北限のサル」など、豊かな自然の恵みを受けた地域となっています。

また、むつ市を含む下北半島5市町村は、「大地・生態系・人々の営み」のつながりを学び、楽しむ日本ジオパークに認定され、平成28年9月に「下北ジオパーク」が誕生しました。

ページ上部へ