認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

  1. 「ふるさと納税」ホーム  > 
  2. お礼品から探す  > 
  3. その他魚介類    その他惣菜・加工品  > 
  4. 近江本にごろ ふなずし「比目の魚」雌雄セット

近江本にごろ ふなずし「比目の魚」雌雄セット       

滋賀県近江八幡市 寄付金額20,000円
お礼品ID:1034156
  • 近江本にごろ ふなずし「比目の魚」雌雄セット
  • 近江本にごろ ふなずし「比目の魚」雌雄セット
  • 近江本にごろ ふなずし「比目の魚」雌雄セット
  • 近江本にごろ ふなずし「比目の魚」雌雄セット

レビュー

  •   
  • (0人の評価)

ふるさと納税 お礼品レビュー投稿キャンペーン2018年5月度

食通向けのセット品。メスには卵がぎっしり!オスには身に深い旨味があります。ぜひ食べ比べを!

飯魚いおでは、琵琶湖の水を池に直接引き込み、びわ湖稀少種となったニゴロブナを産卵から3年間かけて飼育しています。
人工配合餌や薬剤などは一切使わず、天然の湖産エビや手長エビを繁殖させ、池は土だけで造成しており、太陽と水と土の恵みを受け赤虫も多く発生し、ニゴロブナはこのような天然餌を食しています。養魚池は内湖であった特性を最大限活かし、自然環境を守りながら安心安全な原料づくりを心掛けております。
また、加工方法は沖島の漁師の教えを伝承し、生きた状態で塩漬け加工を行い夏場には昔から伝わる水貼り方法で飯漬けをしています。夏場の発酵期間は近江の風土に寄り添いながら、丁寧な樽の管理をしながら自然発酵しています。原材料の品質と発酵期間の手入れの丁寧さが余計な臭みの無い爽やかなふなずしづくりの原点です。近江米と湖魚との融合で仕上がる「ふなずし」は滋賀県ならではの独自性の高い郷土食であり、初めての方にも食べやすく次世代に伝承していくことを経営理念としています。
近年、ふなずしの乳酸菌の機能性は各方面から着目されています。
【男性の長寿は滋賀が全国一位】(*)と位置付けされたことにも、関係があると示唆されています。
*厚生労働省 平成27年都道府県別生命表

■生産者の声
原材料にこだわり、良質のニゴロブナと近江米だけを使用しています。びわ湖稀少種となったニゴロブナは自然環境の変化とともに激減し、びわ湖の内湖であった大中干拓地を活用し、20年前から湖の水を引き込み、管理池にて生産しています。薬品や人工飼料を使わず自然繁殖した微生物や赤虫、エビなど動物性プランクトンを食し、成長したニゴロブナだけを漬け込みふなずしにしています。
この取り組みは珍しく数多くの番組や新聞、雑誌に掲載していただきました。
食の安心安全を守り、美味しい本物の味をご提供し、滋賀の伝統食の継承に努めています。

■内容量/原産地など
近江本にごろ ふなずし「比目の魚」雌雄セット
・メス200g
・オス200g
原産地:滋賀県近江八幡市
製造地:滋賀県近江八幡市
加工地:滋賀県近江八幡市

■原材料
メス200g(ニゴロブナ、うるち米、塩)
オス200g(ニゴロブナ、うるち米、塩)

■賞味期限
90日

■注意事項/その他
※本品は冷蔵でのお届け、冷蔵での賞味期限ですが、長期保管をされる場合は冷凍保管していただき、冷蔵にて解凍されることをお勧めします。
※開封後はなるべく早くお召し上がりください。空気に触れると酸化し、旨味を損ないます。
※電子レンジや湯煎などでの解凍は決してしないでください。
※ふなずしは魚の部分だけでなく、ともに発酵したご飯も美味しく召し上がっていただけます。(食べ方のご案内のしおりを同封しておりますので、ご一読ください)

このページは、提供元からの情報に基づき、作成・掲載をしています。
提供元の規格変更などに伴い、お礼品は、本サイト掲載の情報から予告なく変更となる場合がございます。
お礼品に関する義務表示事項(原材料、栄養成分、アレルギー情報、添加物など)については、お礼品到着後、お礼品の包装容器の表示ラベルをご確認ください。

※離島はお届けできません。

配送方法 クール便(冷蔵)
発送時期
お申込みから1週間程度
カテゴリ その他魚介類
その他惣菜・加工品
申込受付期間 通年
提供元 飯魚いお
寄付証明書の
送付時期目安
申込完了日から1ヵ月程度
   

豊富な決済方法

このカテゴリに関連するお礼品

滋賀県近江八幡市のご紹介

近江八幡市は、滋賀県のほぼ中央に位置し、日本唯一の淡水湖に浮かぶ有人島(沖島)を有しています。ラムサール条約の登録湿地である西の湖は、琵琶湖で一番大きい内湖であり、ヨシの群生地である水郷地帯は琵琶湖八景の一つに数えられ、国の第1号重要文化的景観にも選定されています。古くから農業を中心に栄えてきましたが、中世以降は陸上と湖上の交通の要衝という地の利を得て、多くの城が築かれ、日本最大の山城「観音寺城跡」、天下の名城「安土城跡」など国の史跡が点在しています。また、織田信長の改革精神により開かれた楽市楽座は、豊臣秀次の自由商業都市の思想に引き継がれ、さらに近江商人の基礎を築きました。このような歴史的背景から各時代を代表する歴史的遺産が点在し、風情が香る景観は今日も各所で受け継がれています。

ページ上部へ