認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

  1. 「ふるさと納税」ホーム  > 
  2. お礼品から探す  > 
  3. カレー    その他惣菜・加工品  > 
  4. 焼肉屋で生まれた和牛カレー・和牛ハッシュドビーフセット B261

焼肉屋で生まれた和牛カレー・和牛ハッシュドビーフセット B261       

大阪府泉佐野市 寄付金額10,000円
お礼品ID:1032828
  • 焼肉屋で生まれた和牛カレー・和牛ハッシュドビーフセット B261
  • 焼肉屋で生まれた和牛カレー・和牛ハッシュドビーフセット B261
  • 焼肉屋で生まれた和牛カレー・和牛ハッシュドビーフセット B261
  • 焼肉屋で生まれた和牛カレー・和牛ハッシュドビーフセット B261

レビュー

  •   
  • (0人の評価)

ふるさと納税 お礼品レビュー投稿キャンペーン2018年6月度

焼肉屋の賄いから生まれた絶品和牛カレーと、野菜と牛肉の旨みを活かした和牛ハッシュドビーフ

全国各地から選りすぐった和牛をオーナー自ら見極めてお店に出しております。そのお肉を形成する際に出る和牛を使用し創った、和牛カレーと和牛ハッシュドビーフのセットです。和牛カレーはカレーソースを和牛が溶けるまでコトコト煮込み、和牛の旨みをたっぷり出しました。和牛ハッシュドビーフは赤ワインを使用し、昔ながらのデミグラスソースをベースに野菜と牛肉の旨みを活かして仕上げました。

■生産者の声
従来レトルト食品に使用する牛肉は脂身が少ない箇所や固い部分を使用いたします。そのため牛肉の味もほとんどがパサパサで美味しくないものがほとんどですが、いちよしエンタープライズ株式会社(葵)から提供する牛肉(和牛)はビックリするくらい上質なため、お肉だけでも十分に美味しいです。その美味しいお肉の旨みがたっぷりソースに加わった和牛カレーと和牛ハッシュドビーフとなっております。

■内容量/製造地
・和牛カレー200g×4袋
・和牛ハッシュドビーフ200g×4袋
/岐阜県恵那市

■原材料
・和牛カレー:牛肉(和牛)、野菜・果実(玉ねぎ、にんにく、梨、生姜)、カレールウ(小麦粉、食用油脂、カレー粉、食塩、砂糖、その他)、はちみつ、コチュジャン、ヤンニンジャン、中華スープ、植物油脂、砂糖、イカスミパウダー、唐辛子、安定剤(加工でん粉)、着色料(カラメル、炭末)、調味料(アミノ酸等)、乳化剤、酸味料、(原材料の一部に乳、大豆、ごま、鶏肉、豚肉、ゼラチンを含む)
・和牛ハッシュドビーフ:牛肉(和牛)、野菜(玉ねぎ、トマト、人参、にんにく)、ルウ(小麦粉、動物油脂)、マッシュルーム、トマトケチャップ、ウスターソース、リンゴピューレ、砂糖、動物油脂、赤ワイン、ビーフエキス、砂糖・異性化液糖、ビーフペースト、醤油、食塩、植物油脂、香辛料、ビーフパウダー、着色料(カラメル、ウコン)、調味料(アミノ酸等)、乳化剤、安定剤(増粘多糖類)、甘味料(甘草)、酸味料、香料、(原材料の一部に乳、鶏肉、豚肉を含む)

■賞味期限
・和牛カレー 製造後365日
・和牛ハッシュドビーフ 製造後730日

■注意事項/その他
・加熱直後は袋が大変熱くなっておりますので、開封の際やけどをしないようにご注意ください。
・温めた袋を開ける際や容器のラップを取る際には、熱くなった具やソースがはねることがありますので十分にご注意ください。
・開封後は保存できませんので、速やかにお召し上がりください。

このページは、提供元からの情報に基づき、作成・掲載をしています。
提供元の規格変更などに伴い、お礼品は、本サイト掲載の情報から予告なく変更となる場合がございます。
お礼品に関する義務表示事項(原材料、栄養成分、アレルギー情報、添加物など)については、お礼品到着後、お礼品の包装容器の表示ラベルをご確認ください。

発送時期
2018-02-01~
カテゴリ カレー
その他惣菜・加工品
申込受付期間 通年
提供元 いちよしエンタ−プライズ株式会社(葵)
寄付証明書の
送付時期目安
寄付金決済完了日から1~2週間程度
   

豊富な決済方法

大阪府泉佐野市からのおすすめのお礼品

このカテゴリに関連するお礼品

大阪府泉佐野市のご紹介

大阪市と和歌山市のほぼ中間に位置し、背後に一部が金剛生駒紀泉国定公園に指定された和泉山脈を擁し、美しい山河、緑あふれる恵まれた自然環境にあります。商・工・農・漁業がそれぞれバランスよく栄えてきましたが、関西国際空港の開港などに伴う人口の増加とともに、商業・サービス業が盛んになっています。

名前の由来は、中世以来の村名「佐野」に旧国名和泉を冠したもので、伝承では「狭い原野」ということから「狭野」というようになり、それが転じて「佐野」とよばれるようになったといわれています。

昭和23年4月1日、佐野町の市制施行により泉佐野市が誕生し、昭和29年、南中通村、日根野村、長滝村、上之郷村、大土村の5カ村が合併し、現在の市域が形成されています。

平成6年9月に開港した関西国際空港によるインパクトを最大限に活用し、世界と日本を結ぶ玄関都市として、21世紀にふさわしい国際都市をめざしてまちづくりに取り組んでいます。

ページ上部へ