認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

  1. 「ふるさと納税」ホーム  > 
  2. お礼品から探す  > 
  3. みかん・柑橘類  > 
  4. 産地厳選デコポン 約5kg(12~28玉) B213

産地厳選デコポン 約5kg(12~28玉) B213       

大阪府泉佐野市 寄付金額10,000円
お礼品ID:1032808
産地厳選デコポン 約5kg(12~28玉) B213

レビュー

  •   4.5
  • (2人の評価)

  • 評価:
さとふるファンさんの口コミ 2018年06月28日
見た目が立派で、そのうえ味もとても良いデコポンでした。 80代の両親への贈り物として使いました。 80代の両親は、おいしいものを少しだけ、量はいらないから 質が良い物を喜びます。 このデコポンはまさにおいしいものを少しだけ量より質という贈り物としてぴったりでした。 そして柑橘類の中では、手で皮がむけてそのまま食べられたねもないデコポンが1番好きと言い酸味がなくてあまーいと大変喜ばれました。 産地から直送していただく果物をいちど食べるとスーパーなどではとても買う気になりません。味がそしてみずみずしさが全然違います。デコポンも本当はこんなにおいしかったんだと思える味がすると言っていました。 来年もぜひお願いと言われました。 こちらの自治体には何度も寄付をしていますが、ハズレがありません。お気に入り自治体にも登録しています。ふるさと納税できる自治体がどんどん増え、お礼の品もどんどん増えてとてもすべてのお礼の品をチェックできませんのでこのような信頼のおける自治体がありますとお礼の品選びにも迷うことなく寄付できますので、これからも良いお礼の品をお願い致します。
  • 評価:
ヒロさんの口コミ 2018年01月13日
こどもがみかんが食べたい!というので探していました。でもみかんといっても、普通のみかんが箱で届いても食べきれるかわからないし、傷ませてももったいないし、どうしようかと悩んでいました。柑橘で探してみると意外にもたくさんの種類があって悩みました。その中でも、剥いて食べやすく、薄皮が薄く口に残らないもの、種がないもの。私がすっぱいのが苦手なので、酸味が少なく甘いもの。食べごたえがあるもので探しました。デコポンはあまり食べたことがないのですが、スーパーでみても、結構いいお値段がするので買うのはちょっとためらいます。その中でも、こちらは、良いものをプロが選んでくれるということなので、期待して待ちたいと思います。

ふるさと納税 お礼品レビュー投稿キャンペーン2018年7月度

ジューシーな果汁と濃厚な甘味、特選デコポン「秀品」のみ約5kgのお届けです。

大きい果肉でジューシーさは抜群!剥きやすい外皮と、そのまま食べられる薄い内皮が特徴です。
濃厚な甘みとまろやかな酸味を、お口いっぱいでお楽しみ下さい。

■生産者の声
デコポンとは、全国の農協県連合会を通じて出荷された不知火という品種の内、高品質を保つ一定基準とされる糖度13度以上、酸度1度以下をクリアした物だけに与えられる名称です。
デコポンの名に恥じない深い味わいを是非、ご賞味ください。

■内容量/原産地
デコポン約5kg(12~28玉)
〔産地:和歌山〕

■注意事項/その他
※天候等により産地が変わる場合がございます。
※生育状況により玉数は変動しますが、指定はできません。
※賞味期限はあくまで目安となります。なるべく早くお召し上がりください。

※「コンビニ決済」「Pay-easy決済」をご希望の場合のご注意※ 返礼品の発送は、お支払い確認後となります。
お支払い手続きは、申込受付期間中に完了していただきますようお願いいたします。

このページは、提供元からの情報に基づき、作成・掲載をしています。
提供元の規格変更などに伴い、お礼品は、本サイト掲載の情報から予告なく変更となる場合がございます。
お礼品に関する義務表示事項(原材料、栄養成分、アレルギー情報、添加物など)については、お礼品到着後、お礼品の包装容器の表示ラベルをご確認ください。

賞味期限 1週間
発送時期
2018-01-15~2018-04-10迄
カテゴリ みかん・柑橘類
申込受付期間 ~2018-03-31迄
提供元 株式会社 ながた
寄付証明書の
送付時期目安
寄付金決済完了日から1~2週間程度
   

豊富な決済方法

大阪府泉佐野市からのおすすめのお礼品

このカテゴリに関連するお礼品

大阪府泉佐野市のご紹介

大阪市と和歌山市のほぼ中間に位置し、背後に一部が金剛生駒紀泉国定公園に指定された和泉山脈を擁し、美しい山河、緑あふれる恵まれた自然環境にあります。商・工・農・漁業がそれぞれバランスよく栄えてきましたが、関西国際空港の開港などに伴う人口の増加とともに、商業・サービス業が盛んになっています。

名前の由来は、中世以来の村名「佐野」に旧国名和泉を冠したもので、伝承では「狭い原野」ということから「狭野」というようになり、それが転じて「佐野」とよばれるようになったといわれています。

昭和23年4月1日、佐野町の市制施行により泉佐野市が誕生し、昭和29年、南中通村、日根野村、長滝村、上之郷村、大土村の5カ村が合併し、現在の市域が形成されています。

平成6年9月に開港した関西国際空港によるインパクトを最大限に活用し、世界と日本を結ぶ玄関都市として、21世紀にふさわしい国際都市をめざしてまちづくりに取り組んでいます。

ページ上部へ