認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

  1. 「ふるさと納税」ホーム  > 
  2. お礼品から探す  > 
  3. うなぎ  > 
  4. 西粟倉の完全無投薬・森のうなぎ 2尾

西粟倉の完全無投薬・森のうなぎ 2尾       

岡山県西粟倉村 寄付金額10,000円
  • 冷凍
お礼品ID:1024338
  • 西粟倉の完全無投薬・森のうなぎ 2尾
  • 西粟倉の完全無投薬・森のうなぎ 2尾
  • 西粟倉の完全無投薬・森のうなぎ 2尾
  • 西粟倉の完全無投薬・森のうなぎ 2尾

レビュー

  •   5.0
  • (1人の評価)

  • 評価:
森のおづさんさんの口コミ 2017年12月10日
「おじいちゃんの好きな鰻、美味しいの見つけたから持って来たんやで」と差し出すと。大袈裟な。「会いたかったんや」「会えると思ってなかった。」先週は仕事やったけど先々週来たやんか。「ちゃんとワシのこと考えてこんなん持って来てくれた。」ハイハイ。「ありがとう。」儚くなってしまわないかと心配になるくらい素直な言葉をいただきました。森の鰻、ありがとう。

ふるさと納税 お礼品レビュー投稿キャンペーン2018年7月度

西粟倉村でゆっくり育った「森のうなぎ」をお届けします。

私たちがうなぎを育てているのは西粟倉村にある「旧影石小学校」という廃校です。一般的には半年ほどで出荷サイズになるよう育てられますが、無投薬にこだわり、1年以上かけてゆっくり大きく育てています。比較的さらっとした脂と肉厚でふっくらとした身が「森のうなぎ」の特徴です。
単にうなぎの養殖をするのではなく、うなぎを育てる水温をキープするための燃料には廃材として捨てられる木くずを活用する、うなぎから出る栄養豊富な排水を使って農業に生かす、など、今後地域の資源に"循環の輪"を作ることを目指しながらうなぎという命を大切に育んでいくことを目指しています。
「森のうなぎ」ですが、“森” だけから生まれたのではありません。私たちの目指す“循環”も、楽しんで味わってもらえますように。

■生産者の声
うなぎは川の小魚や虫などを食べる肉食の生きものです。実は、水中の食物連鎖では頂点にいるのです。多くのうなぎが生息する川は、えさがたくさんある豊かな川だといえます。
川がその状態を保つには、川の生きものへ栄養を供給できる豊かな森が必要不可欠です。「うなぎがどれくらいいるか」で、川や森の豊かさが測れるといっても過言ではありません。うなぎは、生態系や日本の自然を考える上でとても重要な存在なのです。
うなぎの養殖は天然の稚魚を捕獲・育成し販売する事業です。そこにあえて参入していくことにしたのは、人間の活動によって生態系が劣化していっている現状を、中に入ることで少しでも変えていけるかもしれないという思いがあるからです。
人とうなぎの良い関係を再構築するためにはうなぎをどう育てて提供するのがいいか。林業と水産業をつなげて “循環”させていくことを目指しながら、模索を続けていきたいと考えています。

■内容量/原産地
・うなぎ蒲焼 2尾(合計300g)/西粟倉産
・たれ10ml×4袋

■原材料
うなぎ蒲焼 : うなぎ(⻄粟倉)、醤油(脱脂加⼯⼤⾖、⼩⻨、⾷塩、⼤⾖、アルコール(脱脂加⼯⼤⾖、⼤⾖ともに遺伝⼦組み換えではありません))、みりん(もち⽶、⽶麹、醸造⽤アルコール(原料はさとうきび由来の糖蜜)醸造⽤糖類(さとうきび由来))、砂糖
・タレ:しょうゆ、砂糖、みりん、醸造酢、酵母エキス、(大豆、小麦を原材料の一部として含む)

■注意事項/その他
※冷凍でお届けしますので、到着後は冷凍庫にて保管願います。
※魚焼きグリルなどで再加熱してお召し上がりください。
※お申し込みから1週間程度でお届け致します。
※画像はイメージです。

このページは、提供元からの情報に基づき、作成・掲載をしています。
提供元の規格変更などに伴い、お礼品は、本サイト掲載の情報から予告なく変更となる場合がございます。
お礼品に関する義務表示事項(原材料、栄養成分、アレルギー情報、添加物など)については、お礼品到着後、お礼品の包装容器の表示ラベルをご確認ください。

※離島はお届けできません。

在庫残り0点





賞味期限 加工日から1年
配送方法 クール便(冷凍)
発送時期
お申込み後、順次発送
カテゴリ うなぎ
申込受付期間 受付期間外
提供元 エーゼロ株式会社
寄付証明書の
送付時期目安
申込完了日から2ヵ月程度
   

豊富な決済方法

このカテゴリに関連するお礼品

岡山県西粟倉村のご紹介

西粟倉村の95%は森林。豊かな森林から生まれた吉野川は、動物や植物、田んぼ、畑、そして住民に様々な「恵」をもたらしながらやがて瀬戸内海まで注ぎます。村で多くのモノを収穫することはできません。この限りある「自然の恵」を大切な人たちと分かち合えれば幸いです。1500人の村の誰かと繋がる「自然の恵」をお届けします。

ページ上部へ