認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

お礼品ID:1024331

さんま丸干し20本
冷凍

さんま丸干し20本

和歌山県那智勝浦町

安心・安全の美味しい干物を毎日手作業で製造しております。ぜひご利用ください。

4.0
1
寄付金額10,000円
  • 離島はお届けできません。また、画像はイメージです。

  • 注意事項をご確認ください。

お礼品の内容・特徴

脂の抜けたさんまは丸干しに適しており、内臓も美味しく召し上がって頂けます。焼いてそのままお召し上がるか、身をほぐしてお茶漬けにしても美味しいです。

■内容量/原産地
さんま丸干し「20本/和歌山・三重・高知・長崎・千葉」

■原材料・成分
さんま、食塩

■賞味期限
冷凍30日、解凍後冷蔵5日

■注意事項/その他
●紀州で水揚げされたさんまを丸干しにしていますが、例年地元での水揚げが少なくなってきています。
●丸干しに適したさんまを国内各地で仕入れ、那智勝浦町で製造しています。

※天候、漁獲量により出荷までに日にちを要する場合があります。
※画像はイメージです。

※「コンビニ決済」「Pay-easy決済」をご希望の場合のご注意※
返礼品の発送は、お支払い確認後となります。
お支払い手続きは、申込受付期間中に完了していただきますようお願いいたします。

お礼品詳細

配送方法 クール便(冷凍)
提供元 東岡商店
カテゴリ

お申込み・配送・その他

発送時期 2018-01-10~2018-03-01
申込受付期間 2018-01-05~2018-02-24
配達外のエリア 離島
寄付証明書の
送付時期目安
申込完了日から2ヵ月程度

お支払方法

クレジットカード決済

キャリア決済

  • 自治体、寄付金額ごとに使える決済方法は異なります。

  • Pay-easy決済、コンビニ決済に関しては、入金した日が寄付証明書に記載される納付日になります。

  • お支払方法について詳しくはこちら

ご注意事項

  • このページは、提供元からの情報に基づき、作成・掲載をしています。

  • 提供元の規格変更などに伴い、お礼品は、本サイト掲載の情報から予告なく変更となる場合がございます。

  • お礼品に関する義務表示事項(原材料、栄養成分、アレルギー情報、添加物など)については、お礼品到着後、お礼品の包装容器の表示ラベルをご確認ください。

  • 離島はお届けできません。

カテゴリに関連するお礼品

干物

さとふるでは干物のお礼品を多数掲載しています。干物の調理は、家庭用グリルを使って焼くのが一般的ですがフライパンでも焼くことができます。フライパンにクッキングシートを敷き、皮目を下にして中火にかけます。皮に焦げ目がついたらひっくり返し、身に焼き色がつくまで焼いてください。みりん干しは焦げやすいので弱火でじっくり焼きます。干物は素揚げや唐揚げなど、揚げものにも活用いただけます。焼いた干物の身をほぐして、お茶漬やチャーハン、酢の物の具にするなど、さまざまな料理にアレンジしてみてはいかがでしょうか。
ふるさと納税のお礼品として干物が届いたら、冷蔵庫で保存してください。すぐに召し上がらない場合は、1枚ずつラップで包み、ビニールの保存パックに入れて冷凍することをおすすめします。なお、冷凍したものを一度解凍してしまうと、再び冷凍することはできませんので、ご注意ください。
※お礼品や季節・環境によって消費期限や賞味期限が異なりますのでご注意ください。
※お礼品によって調理方法、保存方法、解凍方法が異なる場合がございます。お召し上がりの際にはお礼品の説明等をご確認ください。

お礼品レビュー

※レビューは投稿された時点の内容です。該当のお礼品を選択するための寄付金額などが変更となっている場合があります。

評価:

七緒

2018年03月17日

さんまの丸干し5本✖4袋が届きました。 母が以前尾鷲にてカンピンタンというさんまの丸干しを食べていたく気に入り探していたところ、こちらでふるさと納税のお礼品として見つけ寄付を決めました。 カンピンタンは和歌山・三重の南の方で作られているようで、冬の脂肪の抜けたさんまを干したものらしいです。 母としてはもう少し硬い方が好みらしく、その方が茶漬けにも合うようなので星4つです。 しかし臭みがなく、身がしっかりとしたさんまの丸干しです。 来年もぜひ頼みたいと思います。

和歌山県那智勝浦町のご紹介

  1. 全国
  2. 和歌山県
  3. 那智勝浦町

和歌山県那智勝浦町は、紀伊半島の南に位置する「熊野古道」「生マグロ」「温泉」のまちです。

【熊野古道】

世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道(通称:熊野古道)」の大きな見所のひとつが那智勝浦町にあります。苔むした石畳を上っていくと、熊野三山のひとつ「熊野那智大社」、西国三十三所の一番所である「那智山青岸渡寺」、そして日本一の落差133mを誇る「那智の滝」が忽然と姿を現します。いにしえの時代、上皇から庶民まで実にさまざまな人々が、遠路はるばるこの地を詣でました。

【生マグロ】

勝浦港は、生マグロの水揚げ日本一。生マグロとは、捕獲後、冷凍ではなく冷蔵(生)で運ばれたマグロのこと。もちもちとした生マグロが、今日もお店に並びます。

【温泉】

JR紀伊勝浦駅を降りると、すぐそこに足湯が。源泉数は県内一で、温泉宿も日帰り温泉もたくさん。おだやかな太平洋を眺めながら、ゆったり、ほっこりしてみませんか?

ふるさと納税の使い道情報

  1. 町長におまかせ

  2. 快適で安心して暮らせるまちづくり

  3. 活気ある産業で雇用が生まれるまちづくり

  4. 福祉が充実したまちづくり

  5. 豊かな心と地域文化を大切にするまちづくり

  6. 那智の滝源流水資源保全事業

おすすめキャンペーン

おすすめ特集

関連特集

ページ上部へ