認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

  1. 「ふるさと納税」ホーム  > 
  2. お礼品から探す  > 
  3. その他旅行券・チケット  > 
  4. 名古屋ヘリコプター遊覧飛行【操縦体験コース】

名古屋ヘリコプター遊覧飛行【操縦体験コース】       

愛知県豊山町 寄付金額200,000円
お礼品ID:1021837
名古屋ヘリコプター遊覧飛行【操縦体験コース】

レビュー

  •   
  • (0人の評価)

ふるさと納税 お礼品レビュー投稿キャンペーン2018年6月度

夢のパイロットへの第一歩!操縦体験コースです。

パイロットになってみたい!操縦してみたい!入門コースです。
当コースは フライトシュミレーターでなく、実際の実機に搭乗し、操縦体験を行います。 飛行は約15分間。飛行前に飛行教官からの簡単なレクチャーを受けた後に実機へ。飛行教官が横に乗った形で操縦体験(実際に空を飛びます)を行います。操縦席等の関係上、搭乗出来るのは操縦体験申込者1名のみとなります。
名古屋空港(小牧)離発着となります。(他の空港等での便設定は御座いません。)
■操縦体験フライトは、「操縦練習許可書」を取得することが前提となります■
「操縦練習許可書」を取得の際
航空身体検査を受け「2種」に合格する必要があります。
検査は、指定機関にて受けて頂きます。
操縦練習許可書を取得する指定機関については 「一般財団法人 航空医学研究センター」のサイト内、 航空身体検査 > 航空身体検査指定機関に記載されている機関をご確認ください。
指定機関以外での検査は出来ません。
検査料金はコース内容に含まれておりません。(寄付者様のご負担となります。)
※航空身体検査に合格出来なかった場合、操縦装置を外した状態での前席(パイロット横席)での遊覧飛行に変更させて頂きます。
※本籍地記載の住民票と証明写真のご用意をお願い致します。「操縦練習許可書」を取得後、航空法第92条(操縦訓練飛行等)の申請を行います。航空身体検査から「操縦練習許可書」の取得、航空法92条の申請を含めますと、フライト実施までは30~45日を要します。

■提供サービスの内容
夢のヘリコプター操縦体験が出来るコース

■注意事項/その他
【ご利用の流れ】
※本コースについては、「操縦練習許可書」の取得など別途対応が発生しますのでお申込み前に、セコ・インターナショナル(電話:0568-39-2122)までお問い合わせいただくことを推奨します。
・寄付お申し込み後、セコ・インターナショナル(名古屋ヘリコプター遊覧飛行)よりチケットとご案内をお届けします。
・ご案内をご確認いただきご予約ください。(電話:0568-39-2122)翌月末までの飛行予約が可能です。状況によりご希望に添えない場合もございます。ご了承ください。
・悪天候等により、運休(飛行延期)もございます。
※保険は「死亡保障1名様5千万円相当(飛行代金込)」とさせて頂いております。
※追加で補償等をご希望される方はご自身の責にて追加加入をして頂きますようお願い申し上げます。
※水曜日は運休日となり飛行不可となります。
※飛行教官、機体スケジュールもあり、必ず指定日に操縦体験が出来るものではありません。
※17歳以上の方が体験受付の対象となります。
※操縦体験コースは、日中(11:00~15:30)の飛行のみとさせて頂きます。夜間便の設定はございません。

このページは、提供元からの情報に基づき、作成・掲載をしています。
提供元の規格変更などに伴い、お礼品は、本サイト掲載の情報から予告なく変更となる場合がございます。
お礼品に関する義務表示事項(原材料、栄養成分、アレルギー情報、添加物など)については、お礼品到着後、お礼品の包装容器の表示ラベルをご確認ください。

有効期限 チケット発送後6ヶ月以内
発送時期
お申込み後、順次発送
カテゴリ その他旅行券・チケット
申込受付期間 通年
提供元 セコ・インターナショナル(名古屋ヘリコプター遊覧飛行)
寄付証明書の
送付時期目安
申込完了日から2ヵ月程度
   

豊富な決済方法

愛知県豊山町からのおすすめのお礼品

このカテゴリに関連するお礼品

愛知県豊山町のご紹介

豊山町は、名古屋市の北部に隣接する県内で最も面積の小さな自治体です。町域の3分の1を占める県営名古屋空港からは、定期便が全国9都市(青森、いわて花巻、山形、新潟、出雲、高知、北九州、福岡、熊本)に就航しています。名古屋駅から空港バスで約20分で着き、ターミナルビル入り口から航空機まではわずか200メートルで搭乗できる便利な空港です。

空港周辺では、国産ジェット旅客機「三菱リージョナルジェット(MRJ)」の最終組立工場や町航空資料館「航空館boon」、本年秋に開館予定の「あいち航空ミュージアム」など、航空の産業観光拠点としてのにぎわいも見せつつあります。

また、小さな町の中には、農地などの緑に恵まれ、住宅地や生活関連施設などがコンパクトにまとまった生活空間が広がっています。

今後も空港や航空機産業といった本町にしかない強みを生かしながら、「誰もが住みやすい、住み続けたいと思う町」、そして「豊山町に多数の方が訪れ、住みたいと感じる町」の実現に取り組んでいきます。

ページ上部へ