認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

  1. 「ふるさと納税」ホーム  > 
  2. お礼品から探す  > 
  3. パン    和菓子  > 
  4. 大人気製品 下田あんぱん詰合せ

大人気製品 下田あんぱん詰合せ       

静岡県下田市 寄付金額6,000円
お礼品ID:1021567
大人気製品 下田あんぱん詰合せ

レビュー

  •   4.3
  • (3人の評価)

  • 評価:
ちゃんばあさんの口コミ 2017年11月24日
1週間ちょっとで届きました。届いた日を含め賞味期限が4日なので日持ちはしませんが、パン生地がやわらかく、餡がさっぱりしていてとても美味しいので、期限内にぺろっと食べられそうです。また申し込む予定です。
  • 評価:
あいさんの口コミ 2017年11月21日
いつもはお肉や米を注文しているのですか 甘いものも気になる数ある中からこちらをchoice 賞味期限が短かった為冷凍して食べたいときに食べています あんこが甘すぎずとっても食べやすいあんぱんでした 注文して良かったです
  • 評価:
ちくわさんの口コミ 2017年10月16日
噂には聞いていた、下田あんぱん。あんこ好きな我が家としては一度は食べてみたいということで選びました。 冷蔵で届きますので、少人数のご家庭ならば冷蔵庫保管をすれば日持ちもしますし、長く楽しみを味わえるだろうなと思いました。ただ我が家では全部一度に常温に戻して、2日程ですべて食べてしまいました。 さて、お味ですが、パンはしっとりとふわふわの中間。特にこしあんは赤福餅の餡とよく似ているなと感じました。甘すぎず、ほのかな塩味が美味しかったです。 特にミルクバターと餡が一緒に入ったあんぱんが一番のお気に入りでした。ミルクバターのコクとさっぱり目の餡がお互いをうまく引き立てていて、美味しかったです。

ふるさと納税 お礼品レビュー投稿キャンペーン2018年5月度

開国の町、下田に昭和23年に創業した和菓子屋が作った極上あんぱんです。是非一度ご賞味ください。

御菓子司 平井は、創業当初、和菓子・洋菓子・パンでスタートしましたが、平成7年に和菓子とあんぱん専門の店になりました。「下田あんぱん」「ハリスさんの牛乳あんぱん」など現在季節ものを入れると10種類以上になります。あんぱんは全て手づくりで、低温でゆっくり発酵させるため、とても柔らかく、中の餡は和菓子職人が自信をもって北海道十勝産の小豆を自家製餡しており、後味がすっきりとしたなめらかな餡に仕上げました。

<生産者の声>
当店で一番人気の「ハリスさんの牛乳あんぱん」はこしあんとバターの相性がとてもよく、毎日1000個以上、製造しており、テレビや雑誌など多くのマスコミにも取り上げていただき現在では、全国の百貨店様の催事会場でも販売していただき、全国的に知名度が上がってきました。

■内容量
下田あんぱん(こしあん・小倉餡)各3個
ハリスさんの牛乳あんぱん(こしあんにバター)4個
■原材料・成分
下田あんぱん(小麦粉、砂糖、小豆(北海道産)、鶏卵、マーガリン(大豆を含む)、発酵風味液、イースト、乳糖を主要原料とする食品、酒種乳化油脂、ゴマ、水飴、食塩)
ハリスさんの牛乳あんぱん(小麦粉、砂糖、小豆(北海道産)、バター、牛乳、鶏卵、マーガリン(大豆を含む)、イースト、乳糖を主要原料とする食品、アーモンド、水飴、食塩)

※注意事項※
下田あんぱん(こしあん・小倉餡)は年間を通して、常温保存でかまいませんが、ハリスさんの牛乳あんぱんに入っておりますフレッシュバターは、夏場など溶けだしてしまう恐れがありますので28℃以下で保存してください。冷蔵保存される場合はバターが固まっておりますので、常温で30分~1時間ほど置いていただくか、袋ごと電子レンジ(500W)で10秒~20秒ほど温めてお召し上がりください。冬場もバターが固まりやすくなりますので温めてからお召し上がりください。

※画像はイメージです。

このページは、提供元からの情報に基づき、作成・掲載をしています。
提供元の規格変更などに伴い、お礼品は、本サイト掲載の情報から予告なく変更となる場合がございます。
お礼品に関する義務表示事項(原材料、栄養成分、アレルギー情報、添加物など)については、お礼品到着後、お礼品の包装容器の表示ラベルをご確認ください。

※離島、北海道、沖縄県、東北、中国、四国、九州はお届けできません。

在庫残り3点





消費期限 4日
配送方法 クール便(冷蔵)
発送時期
お申込み後、順次発送
カテゴリ パン
和菓子
申込受付期間 通年
提供元 御菓子司 平井
寄付証明書の
送付時期目安
申込完了日から2ヵ月程度
   

豊富な決済方法

このカテゴリに関連するお礼品

静岡県下田市のご紹介

下田市は、一年を通じて温暖で、四季折々の花を育み、白く輝く砂浜とキラキラ光る青い海、緑萌える山々のコントラストが美しい街です。1854年に米国ペリー提督率いる黒船艦隊が下田港に停泊し、わが国最初の開港の場所となり、歴史的遺産も数多く残されております。

豊富な湯量を誇る温泉や、豊かな自然の恵みを満喫できる山海の幸、様々な魅力があふれる「ふるさと下田」を応援寄附を通じて皆様にお伝えしていきます。

ページ上部へ