認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

  1. 「ふるさと納税」ホーム  > 
  2. お礼品から探す  > 
  3. お茶  > 
  4. 綾鷹(525mlPET×24本) H003

綾鷹(525mlPET×24本) H003       

大阪府泉佐野市 寄付金額7,000円
お礼品ID:1018589
綾鷹(525mlPET×24本) H003

レビュー

  •   4.9
  • (8人の評価)

  • 評価:
みほりんさんの口コミ 2018年07月23日
我が家ではお茶といえば綾鷹で毎日飲んでいます。これが返礼品で頂けるなんてうれしい限りです。今年は今のところ、2回目ですが、まだまだ送ってもらう予定です。
  • 評価:
谷山明子さんの口コミ 2018年06月25日
毎日飲むものですし、すぐきましたし、便利です。
  • 評価:
ひろてきさんの口コミ 2018年06月17日
普段仕事で毎日飲料を購入していたので、7,000円の寄付で綾鷹を24本、1本あたり100円換算したら2,400円なので、とても得した気分です。どこの市町村も1ケース10,000円からなので、泉佐野市にしました。申し込んでから1週間程度で到着しており、待った印象もなく、スムーズなふるさと納税となりました。泉佐野市の返礼品はなかなかセンスが良く、消費者目線にたった商品を取り扱っている印象を受けました。還元率が良く、良いものをいただける泉佐野市を今後もリピートさせていただきます。実は嫁と一緒に今まで豚肉や牛肉も頼んでおり、フル活用してます。このふるさと納税が将来、泉佐野市の発展のためにつかってもらえたら幸いです。
  • 評価:
たぬきさんの口コミ 2018年06月08日
お茶の香りが強く、大人向きの味わいです。和食と一緒に飲むととても美味しいです。
  • 評価:
さなさんの口コミ 2018年01月24日
毎日の食事のお供に飲んでいます。一人用として重宝してます。
  • 評価:
なかたくさんの口コミ 2018年01月14日
いつも綾鷹を買って飲んでいるので、箱で送って頂けるのはとてもありがたく、お得感がありました。発送自体も早く、とても満足です。
  • 評価:
ふるさとさんの口コミ 2017年12月03日
発送まで1週間で届きました。 綾鷹24本2ケースで急須で入れたような 本格的な緑茶を家族で楽しんでます。
  • 評価:
あちこさんの口コミ 2017年09月17日
いつも買ってる物を返礼品として頂けるのはお得です。

ふるさと納税 レビュー投稿キャンペーン2018年8月度

急須で入れたような緑茶本来の“にごりのある色味”と“舌に旨みが残るふくよかな味わい”

急須で入れたような緑茶本来の“にごりのある色味”と“舌に旨みが残るふくよかな味わい”を実現し た、ワンランク上の本格的なお茶「綾鷹」の名は、創業450年の歴史を持ち、将軍家へ茶葉を納めていた宇治の老舗茶舗「上林春松本店(かんばやししゅん しょうほんてん)」が明治時代に販売を開始した高級玉露の名称に由来しています。“貴重な茶葉“という意味で使われていた歴史のある「鷹」の文字と、貴重で上質な茶葉を”織り込んだ“という意味の「綾」の文字が、「綾鷹」ブランドという高級茶の味わいとこだわりを表しています。

■生産者の声
“湯呑み”に見立てたパッケージデザイン
急須でいれた緑茶のような本格的な味わい “一番茶”増量旨み・渋み・苦みの絶妙な調和です。

■原材料
緑茶(国産)、ビタミンC
◎栄養成分(100ml当り)エネルギー:0kcal たんぱく質:0g 脂質:0g 炭水化物:0g 食塩相当量:0.02g

■注意事項/その他
※賞味期限は製造日より8ヶ月ございますが、開封後は、お早めにお召し上がりください。
※アレルギー特定原材料 なし
※高温・直射日光をさけて保管してください。
※画像はイメージです。

このページは、提供元からの情報に基づき、作成・掲載をしています。
提供元の規格変更などに伴い、お礼品は、本サイト掲載の情報から予告なく変更となる場合がございます。
お礼品に関する義務表示事項(原材料、栄養成分、アレルギー情報、添加物など)については、お礼品到着後、お礼品の包装容器の表示ラベルをご確認ください。

内容量 525mlPET×24本入り
賞味期限 8ヵ月
発送時期
お申込みから1週間程度
カテゴリ お茶
申込受付期間 通年
提供元 コカ・コーラボトラーズジャパン株式会社千里丘オフィース
寄付証明書の
送付時期目安
寄付金決済完了日から1~2週間程度
   

豊富な決済方法

大阪府泉佐野市からのおすすめのお礼品

このカテゴリに関連するお礼品

大阪府泉佐野市のご紹介

大阪市と和歌山市のほぼ中間に位置し、背後に一部が金剛生駒紀泉国定公園に指定された和泉山脈を擁し、美しい山河、緑あふれる恵まれた自然環境にあります。商・工・農・漁業がそれぞれバランスよく栄えてきましたが、関西国際空港の開港などに伴う人口の増加とともに、商業・サービス業が盛んになっています。

名前の由来は、中世以来の村名「佐野」に旧国名和泉を冠したもので、伝承では「狭い原野」ということから「狭野」というようになり、それが転じて「佐野」とよばれるようになったといわれています。

昭和23年4月1日、佐野町の市制施行により泉佐野市が誕生し、昭和29年、南中通村、日根野村、長滝村、上之郷村、大土村の5カ村が合併し、現在の市域が形成されています。

平成6年9月に開港した関西国際空港によるインパクトを最大限に活用し、世界と日本を結ぶ玄関都市として、21世紀にふさわしい国際都市をめざしてまちづくりに取り組んでいます。

ページ上部へ