認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

お礼品ID:1008407

職人技!子持ち鮎の塩焼き(蓼酢付き)
職人技!子持ち鮎の塩焼き(蓼酢付き)
冷凍

職人技!子持ち鮎の塩焼き(蓼酢付き)

長野県

川魚問屋が厳選した子持ち鮎をお楽しみ下さい。

4.0
1
寄付金額10,000円
  • 離島はお届けできません。また、画像はイメージです。

  • 注意事項をご確認ください。

お礼品の内容・特徴

自然豊かな長野県の風土が育てた子持ち鮎を1尾ずつふっくらこんがり焼き上げました。
子持ち鮎は、旨みがたっぷりと詰まっています。プチプチとした卵の食感と白身の味をぜひご賞味ください。
皮はこんがり身はふっくらと焼き上げた後、急速冷凍してお届けします。冷凍のまま個別に包んである紙を敷き、電子レンジで温めると焼きたての味が楽しめます。

■生産者の声
(株)加藤鯉店は長野県千曲市で産声を上げてから川魚一筋に八十余年、伝統の職人技と伝承のタレで鯉、鮎を中心とした川魚の丁寧な加工調理を生業としています。
日々変化していく食文化、市場には様々な商品が溢れています。そんな中で、弊社とその商品を選んで下さった寄付者様に感謝をこめて。まず「安全・安心」、そして「美味しさ」、次に「作り手の顔が見える」をテーマに、スタッフ一同心を一つに、寄付者様に長く愛されるお礼品作りを心掛けて参ります。どうぞ末永くご贔屓の程、よろしくお願い致します。

■内容量/原産地
子持ち鮎の塩焼き(長野県産)6尾/箱、蓼酢6袋

■原材料
子持ち鮎(長野県産)、塩、蓼酢

■注意事項/その他
商品到着後は冷凍で保存してください。冷凍状態での賞味期限は2か月。賞味期限にかかわらず一度解凍したものはお早めにお召し上がりください。
お申込みから1週間ほどでお届け致します。離島へのお届けはできませんのでご了承ください。
※画像はイメージです。

お礼品詳細

賞味期限 2カ月
配送方法 クール便(冷凍)
提供元 株式会社 加藤鯉店
カテゴリ

お申込み・配送・その他

発送時期 お申込み後、順次発送
申込受付期間 受付期間外
配達外のエリア 離島
寄付証明書の
送付時期目安
申込完了日から2週間程度

お支払方法

クレジットカード決済

キャリア決済

  • 自治体、寄付金額ごとに使える決済方法は異なります。

  • お支払方法について詳しくはこちら

ご注意事項

  • このページは、提供元からの情報に基づき、作成・掲載をしています。

  • 提供元の規格変更などに伴い、お礼品は、本サイト掲載の情報から予告なく変更となる場合がございます。

  • お礼品に関する義務表示事項(原材料、栄養成分、アレルギー情報、添加物など)については、お礼品到着後、お礼品の包装容器の表示ラベルをご確認ください。

  • 離島はお届けできません。

お礼品レビュー

※レビューは投稿された時点の内容です。該当のお礼品を選択するための寄付金額などが変更となっている場合があります。

評価:

beluga

2018年02月09日

お腹ぱんぱんなくらい卵沢山はいってました。 すでに焼いてあるので、温めるだけでたべれて楽ちん。 ただ、身は少しほぐしにくく、たべにくさはありましたが、 たで酢がついてて、かけると美味しさアップでした

長野県のご紹介

  1. 全国
  2. 長野県
  3. 長野県

長野県は、四方を「日本の屋根」と呼ばれる3,000m級の山々に囲まれ、美しく豊かな自然環境を備えた観光県であるとともに、県民が元気に暮らす全国トップレベルの健康長寿県です。

また、県歌「信濃の国」にも歌われるように「十州」(8県)と接し、日本の真ん中に位置する本県は、首都圏や中京圏から200㎞圏内に位置し、多くの人がアクセスしやすい地理的条件を備えています。このような特徴を最大限に活かしながら、新たな長野県を皆さんとともに創っていきたいと考えています。

是非、「ふるさと信州寄付金」を通じて、多くの皆さんに長野県づくりに参加していただき、長野県の未来を応援していただきますようお願いします。

ふるさと納税の使い道情報

  1. 教育・人づくり

  2. 観光・移住・交流促進

  3. 自然・環境保全

  4. 産業振興

  5. その他の希望(アンケートの入力画面にある入力欄に記入をお願いします)

  6. 県に一任

おすすめキャンペーン

おすすめ特集

関連特集

  • 東北特集

    東北特集

    食の恵みがあふれる本州の最北端

  • 関東特集

    関東特集

    豊かな水が広大な平野を潤す 政治経済の中心地

  • 中国特集

    中国特集

    山陰と山陽からなる名産品ゆたかな地方

  • 近畿特集

    近畿特集

    歴史と文化が交わる西日本の中核

ページ上部へ