認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

  1. 「ふるさと納税」ホーム  > 
  2. お礼品から探す  > 
  3.    玄米  > 
  4. 【平成29年産】勝浦産こしひかり(玄米)30Kg

【平成29年産】勝浦産こしひかり(玄米)30Kg       

千葉県勝浦市 寄付金額20,000円
お礼品ID:1000648
【平成29年産】勝浦産こしひかり(玄米)30Kg

レビュー

  •   3.8
  • (4人の評価)

  • 評価:
おこめさんの口コミ 2018年01月24日
玄米を30キロくれる自治体も中々ない中 過去のレビューを見て少し気になりましたが 今回送られてきた玄米は良かったです。 個人的にも玄米を買うので多少の青米や虫食いは しょうがないかなと思いますが送られてきた 玄米はレビューで見るほどではありませんでした。 取れた年が違うので、出来も違うのかとは 思いますがとても良かったです。また、利用したいです。 ありがとうございました
  • 評価:
おかもとさんの口コミ 2017年04月09日
確かに死米、もみ殻など多いですが 丁寧に取り除いて食べた時の もっちりとした旨味たるや! このボリュームなので仕方ないですが、 味は素晴らしい! 食べ終えたら普通に購入したいです。
  • 評価:
ゆきさんの口コミ 2015年12月12日
食べた瞬間、もちもちっとした食感にびっくり!その後ごはんの甘みに感激!o(≧▽≦)o ごはんだけで食べられると大好評でした。ごちそうさまでした
  • 評価:
ボルドールさんの口コミ 2015年11月04日
死米・着色粒・被害粒・未熟粒の含有率がとても多いです。玄米ですので多少なりとも含まれているのは承知ですが,今まで玄米を購入してきた中では一,二を争います。もう少し米穀業者で異物除去をして頂きたいと感じました。 お味ですが炊きたても普通ですし,冷めても炊きたてと同じように臭みなど感じずに食べられますので質的には悪くないと思いました。
 >  (さとふるより) 貴重なご意見ありがとうございます。 頂いたご意見を参考に品質改善を行なってまいります。 今後も地域への応援よろしくお願い致します。

ふるさと納税 お礼品レビュー投稿キャンペーン2018年6月度

平成29年産です。粘土質の土壌で作られるお米は、粘り甘みがあります。ぜひご賞味ください。

勝浦産コシヒカリ玄米30Kg(JA検査1等米)
■原産地:千葉県勝浦市
■内容量:30Kg(10Kg×3袋)
※画像はイメージです

【さとふる からのワンポイント・アドバイス】
・美味しく召し上がっていただくため、到着後1ヶ月以内の消費をお勧めいたします。
・直射日光を避け、風通しがよい冷暗所で保管ください。
・品質に問題があった場合、お礼品到着後1週間以内にサポートセンターまでご連絡ください。

【ご注意】
・直射日光を避けて、涼しい場所に保存して下さい。
・本来、精米されることを前提とした玄米ですので、1等米であってももみ殻・着色粒等が混入していることがございます。品質には問題ございませんので安心してお召し上がりください。

このページは、提供元からの情報に基づき、作成・掲載をしています。
提供元の規格変更などに伴い、お礼品は、本サイト掲載の情報から予告なく変更となる場合がございます。
お礼品に関する義務表示事項(原材料、栄養成分、アレルギー情報、添加物など)については、お礼品到着後、お礼品の包装容器の表示ラベルをご確認ください。

在庫残り0点





発送時期
2018年2月上旬より順次発送
カテゴリ
玄米
申込受付期間 受付期間外
提供元 有限会社 伊勢仁商店
寄付証明書の
送付時期目安
申込完了日から2ヵ月程度
   

豊富な決済方法

このカテゴリに関連するお礼品

千葉県勝浦市のご紹介

都心から東京湾を横切るアクアラインを駆け抜け、太平洋めざして走ること約110分。車窓に勝浦市の里海・里山が流れゆきます。

「里海」・・・
千葉県を代表する漁業のまち、勝浦。自慢のカツオやキンメはもちろん、アワビやサザエなど、豊かな海の幸が勝浦の食文化を支えています。ビーチは住人有志によるクリーン活動によって守られています。
「里山」・・・
海のイメージの強い勝浦市ですが、実は市域の多くの部分が夷隅川上流域にあり、穏やかな田園風景が広がります。稲作を中心に、畑作、果樹園、酪農、養豚、養鶏、養蜂など、それぞれの規模は決して大きくはないですが、多彩な「農」の暮らしが展開されています。
「食」・・・
そんな里海、里山の幸が一堂に集まるのが、400年の歴史を誇る「勝浦朝市」。漁港のほど近く、勝浦市の中心部で水曜日と元日を除く毎日開催されています。鮮魚や干物の他、野菜や山菜など里山の幸が数多く並びます。飲食店を経営する移住者の中には、朝市食材を使ったビストロ料理を提供する方もいます。

互いの風土を綾なす里海と里山。そこに様々な人たちが集っています。そんなお茶の間のような暮らしにふれてみませんか。

ページ上部へ