認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

  • ホーム
  • お知らせ一覧
  •  [プレスリリース] ふるさと納税ポータルサイト「さとふる」利用者を対象に、ふるさと納税の利用実態に関するアンケート調査を実施 ~調査対象者のうち、約9割の人が「ふるさと納税は地域貢献につながっている」と回答~

お知らせ

[プレスリリース] ふるさと納税ポータルサイト「さとふる」利用者を対象に、ふるさと納税の利用実態に関するアンケート調査を実施 ~調査対象者のうち、約9割の人が「ふるさと納税は地域貢献につながっている」と回答~
2018年02月15日

報道関係各位

2018年2月15日
株式会社さとふる


ふるさと納税ポータルサイト「さとふる」利用者を対象に、

ふるさと納税の利用実態に関するアンケート調査を実施

~調査対象者のうち、約9割の人が「ふるさと納税は地域貢献につながっている」と回答~


ソフトバンクグループの株式会社さとふる(本社:東京都中央区、代表取締役社長:藤井 宏明)は、ふるさと納税ポータルサイト「さとふる」経由で寄付をしたことがある20代以上の男女計1,575人を対象に、ふるさと納税の利用実態に関するアンケート調査を実施しました。


調査結果の概要は以下のとおりです。


1.調査対象者のうち、移住に興味がある、移住を予定している、またはすでに移住している人は約20%

エリア別では、近畿地方に現在住んでいる人が約25%と最も移住意向※が高い結果に。

※:移住に興味がある、移住を予定している、またはすでに移住していると回答した人


2.移住に興味がある、移住を予定している、またはすでに移住している人のうち、約41%が「そのきっかけはふるさと納税」と回答。


3. ふるさと納税は地域貢献につながっていると考える人は約89%と前回の調査※の68.4%を大きく上回る結果に。

※調査期間:2016年1月22日~25日
2015年ふるさと納税調べ市場調査結果を発表!(https://www.satofull.jp/static/research/2015research.php


4. 出身地へ寄付したいと考える人は約62%

出身地への寄付意向は九州/沖縄地方出身者が77%と最も高く、次いで東北地方・四国地方出身者が同率で73%という結果に。


■調査内容の抜粋

Q.ふるさと納税した寄付先への移住に興味はありますか。(N=1,575)
【全体】【エリア別】
Q.そのきっかけはふるさと納税ですか。
(N=移住に興味がある、移住を予定している、またはすでに移住していると回答した318名)
Q.あなたは、ふるさと納税は「地域貢献」につながっていると思いますか?(N=1,575名)
Q.あなたは自身の出身地へ寄付をしたいと思いますか。(N=1,575)
【全体】【エリア別】

■調査概要

実施期間:2018年1月5日~2018年1月16日
手法:インターネット調査
実施機関:株式会社さとふる
対象:「さとふる」経由で寄付をしたことがある20代以上の男女計1,575人


詳細はこちらをご覧ください。


以上



●SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。
●この報道発表資料に記載されている会社名および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。
●この報道発表資料に記載されている内容、製品、仕様、問い合わせ先およびその他の情報は、発表日時点のものです。これらの情報は予告なしに変更される場合があります。

ページ上部へ