1. 「ふるさと納税」ホーム  > 
  2. 公式ブログTOP  > 
  3. 自治体・事業者様ご紹介
  4.  >  青森県
  5.  > 
  6. 流し踊りの「黒石よされ」の通り道には、重要文化財も!/青森県黒石市

流し踊りの「黒石よされ」の通り道には、重要文化財も!/青森県黒石市【ふるさと納税・自治体事典】

FV_青森県黒石市.jpg

日本三大流し踊りのひとつとされる「黒石よされ」が有名な青森県黒石市。その通り道には重要文化財の「中町こみせ通り」があり、そのそばには「黒石よされ」にちなんだ「恋よされ」という恋愛成就モニュメントがあって人気スポットになっています。ここでは、そんな黒石市をご紹介します。

黒石市の概要

黒石市(くろいしし)は、青森県のほぼ中央に位置し、三方に津軽平野、東に八甲田連峰が連なる豊かな自然と豊富な温泉に恵まれ、味の良い「黒石米」と「黒石りんご」の産地として知られる古くからの城下町です。

また、十和田湖の西玄関口にあたり、東北自動車道黒石ICを擁し、青森空港や東北新幹線・新青森駅まで約30分と観光地へのアクセスにも優れ、四季の彩豊かな魅力ある「田園観光産業都市」を目指してまちづくりを進めています。

近年、重要伝統的建造物群保存地区の「中町こみせ通り」や紅葉の名所「中野もみじ山」とともに、「黒石やきそば」「つゆやきそば」が全国的に注目を浴びています。

●人口:3万2842人(2018年4月1日現在)
●市の花:リンゴ
●市の木:もみじ
●市の鳥:セグロセキレイ

さとふるから申込めるお礼品はコレ!:黒石市の名産品・特産品

◆《シャイニーアップルジュース》 金のねぶた・銀のねぶた詰合せセット

青森県産りんご100%使用! 「酸味スッキリ」「完熟まろやか」な、2種類のストレートりんごジュースの飲みくらべセットです。

「金のねぶた」は、ふじりんごをベースに希少な紅玉りんごなど、数種類のりんごをブレンドした酸味スッキリタイプです。

「銀のねぶた」は、甘みほのかな王林りんごをベースにふじりんごなど、数種類のりんごをブレンドした完熟まろやかタイプです。

異なる風味の飲みくらべをお楽しみください。

■生産者の声

青森県の大自然の中で、のびのびと育てられた紅玉りんご。りんご王国の中でも、今では栽培量はわずかで非常に希少な品種です。年々収穫量が減っている中、「シャイニー」では約30年前より契約栽培を開始、今では東京ドーム約3.2倍の広大な園地で年間約600トンのりんご(約300万個)を栽培しています。
シャイニーの良さは程よい甘味、そして酸味と香りのブレンド。
この絶妙な味のバランスこそが「シャイニー」のりんごジュースの持ち味です。

お礼品の詳細はこちらをクリック!

《シャイニーアップルジュース》 金のねぶた・銀のねぶた詰合せセット

◆こけス

こけしと世界的ボードゲームのチェスとのコラボレーション!駒はこけしで、ルールはチェスのゲーム「こけス」のお礼品です。
既存製品の新用途開拓お礼品で、高校生が考案したとのこと。

こけしの要素を活かすことで、かわいいお土産として、またチェスの要素があることで海外からの観光客にも販売できる製品です。

ゲーム盤を風呂敷にしており、キャッチフレーズは「津軽のこけスを日本の風呂敷に包んで世界に発信!」です。
手づくりのため、色彩・面付けにばらつきがありますので、ご了承ください。

■生産者の声

高校生が先輩から後輩へと受け継ぎ、6年間にわたり研究をしてきた開発製品です。
機械加工された駒木地に、一個一個丁寧に彩色・顔描きをした製品です。
ゲーム盤に駒の並べ方や動かし方、ルールが記載されており、初心者にもゲームを楽しめます。
「2016年第3回東北みやげコンテスト」入賞、「ふるさと祭り東京おみやげグランプリ2017」でアイデア賞を頂き、黒石市の新しいお土産となっています。

お礼品の詳細はこちらをクリック!

こけス

◆わどなのリーフパイ15枚入

「わどなのリーフパイ」の特徴は、サクサクの食感を最大限に引き出し、おいしさを高めるため、厚みをもたせ、ボリュームいっぱいに焼き上げていることです。

また、材料に使われている「カソナード」がコクのある甘さ、あとひく甘さをつくり出します(※カソナードとは、良質のサトウキビ100%からつくられているフランス産の赤砂糖で、非常にうまみのある砂糖です)。

このカソナードが表面だけではなく、裏面にも...! 高温で焼かれた砂糖が溶けて飴になって生み出す、カリッ!サクッ!の食感は、思わず笑みがこぼれるおいしさです。

※お礼品名にある「わどな」とは『僕と君』という意味の津軽弁です。

★おいしい召し上がり方★

カリッ!サクッ!この食感は、手で持ってそのまま豪快にお召し上がりください。バターの香り、カソナードのあとひく甘さがお口に広がります。また、リーフパイの葉脈にそって半分に割ってお召し上がりいただくとこぼれにくく、きれいにお召し上がりいただけます。

■生産者の声

「シャロン甘洋堂」は、青森県のど真ん中、おいしいりんごやお米の産地、黒石市で和菓子や洋菓子をつくって販売しております。
ケーキやお菓子の入った箱を開けた瞬間、思わずニッコリとされる、そんな皆様の笑顔を大切に、日々真心込めてお菓子つくりに励んでおります。食のオリンピックとも称される「モンドセレクション」など、国内や海外のコンクールにも積極的にチャレンジし、地域の活性化につなげていけたらと考えております。
とことん製法にこだわり、素材にこだわった自慢の「わどなのリーフパイ」をぜひご賞味ください。

お礼品の詳細はこちらをクリック!

わどなのリーフパイ15枚入

◆【黒石銘菓】よされ太鼓・黒石一万石 詰合せ

このお礼品は、黒石銘菓のお菓子詰め合わせ。青森県黒石市のおいしさとロマンをギュッっと詰め込んだおいしいお菓子です。

◎よされ太鼓
真っ白なカステラに大ぶりにカットした青森りんごを入れ、ジューシーに焼き上げました。

※黒石市で毎年 8月に行われる盆踊り「黒石よされ」の起源は、山岳宗教が盛んであった500年から600年前とされ、盆踊りのときの男女の恋の掛け合い唄であったと言われています。
現在は、市街地を中心に約3千人余の踊り子たちが流し踊り、乱舞を繰り広げています。

◎黒石一万石(くろいしいちまんごく)
大納言あずきをちりばめて、しっとり焼き上げた小豆カステラです。

※黒石は、弘前藩から5千石が分地され黒石領が発足し、その後1万石となり参勤交代するほどの大名にまでなりました。
そして、現在の黒石市に見られる城下町が整備されます。切妻、妻入りの町屋の正面には雪国特有の「こみせ」が取り付けられ、独特の町並みをつくり出しています。
黒石市の「こみせ通り」は日本の道百選に選定され、重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。

●受賞履歴●

◇よされ太鼓:平成6年5月 第22回全国菓子大博覧会 名誉総裁賞
◇黒石一万石:平成元年5月 第21回全国菓子大博覧会 総裁賞受賞

お礼品の詳細はこちらをクリック!

【黒石銘菓】よされ太鼓・黒石一万石 詰合せ

黒石市の特産品

◆黒石やきそば・黒石つゆやきそば

太くてもちもちしたうどんのような平麺が特徴で、たっぷりの甘辛いソースを絡めて食べる「黒石やきそば」。
もともとは戦後、黒石のまちにたくさん生まれたやきそば店で、子供のオヤツとして10円単位で売られていたご当地グルメでした。

同じ頃、「黒石やきそば」に「つゆ」をかけた「黒石つゆやきそば」も生まれました。
昭和30年代後半、中郷(なかごう)中学校前にあった「美満寿(みます)」で、学校帰りに小遣いを握りしめてやってくる子どもたちのため、冷めた焼きそばの上に温かいそばつゆをかけて食べさせたのが始まりと言われています。

近年、当時の味を懐かしんだお店でつくられるようになり、それが徐々にご当地グルメとして人気を集めるようになりました。

現在、黒石やきそば、黒石つゆやきそばを取扱う店は市内に約70店舗あるそうで、各店でスープやトッピングに工夫を凝らすなど、さまざまなバリエーションが生まれています。

◆黒石リンゴ

青森といえば、りんご産地としてよく知られていますが、黒石も主要産地のひとつ。

黒石市は津軽の南東に位置し、東部の山岳地帯が八甲田連峰に連なる豊かな自然と良質の土壌に恵まれ、寒暖差が激しく、冷涼な気候であることから、"おいしいりんご"ができる土地とされています。

このような津軽地方の条件の中、標高がおよそ100m以上の山間部でつくられているりんごを、とくに「山実りんご」と呼んでいます。
「山実りんご」は、花が咲くのが平地のりんごより10日前後遅れるため、玉の大きさは小さくなりますが、ひき締まった果肉と濃い味が特徴で、おいしいりんごとして知られています。

◆津軽系こけし

「こけし」は、東北地方の山間部で生まれ、形や顔、模様によって岩手県の「南部系」、宮城県の「鳴子系」「作並(さくなみ)系」や山形県の「山形系」など、大きく11系統に分けられます。

1本の木でつくる素朴な「津軽系」は、頭はオカッパですが、形や紋様などは系統として統一されていないのが特徴で、青森県温湯(ぬるゆ)温泉や大鰐(おおわに)温泉を中心につくられている系統です。模様として、津軽藩の家紋である牡丹の花が使われているものもあります。

黒石市の観光資源

◆黒石ねぷた

青森県の有名な祭りと言えば「ねぶた祭り」。「青森ねぶた」や「弘前ねぶた」などが有名ですが、次いで有名なのが黒石市の「黒石ねぷた」やつがる市の「木造ねぶた」、むつ市の「大湊(おおみなと)ネブタ」など。
この「ねぶた祭り」、黒石では「ねぷた祭り」と呼びます。50台以上の山車灯籠が運行し、笛や太鼓のはやしにのって、大人、子どもの「ヤーレヤーレヤー」の勇ましい掛け声が響き渡ります。街は熱気であふれ、祭りの間はねぷた一色に彩られるのです。

黒石ねぷたの人形ねぷたは独特のつくり方がされているそうです。そのひとつはねぷたを乗せる台が3段、4段と積み重ねられ、その上に高欄(※欄干のこと)があることです。

また、「見送り絵」(※ねぷたの本体正面の絵が「鏡絵」、裏が「見送り絵」です)は、表面の武者人形に対して美人画が描かれます。表面の絢爛豪華に対し、徹底して物寂しさが追求されるそうです。

◆黒石よされ

「阿波踊り(徳島県徳島市)」「郡上おどり(岐阜県八幡町)」と並び日本三大流し踊りのひとつとされる「黒石よされ」。

毎年8月中旬に開催される古い伝統を持ったお祭りで、流し踊り、廻り踊り、組踊りの3つの踊りで構成されており、揃いの浴衣を着た2000人の踊り手による流し踊りや、円を描く廻り踊りで観客を巻き込みながらの大乱舞が連日繰り広げられます。そして同時に、「エッチャホー、エッチャホー」のにぎやかな掛け声が街中に響き渡ります。

組踊りは、県内から集まってくる踊り組(20~30人)が三味線、太鼓、唄にのって津軽民謡の手踊りを披露します。
なお、簡単な踊りのレクチャーもあるそうなので、初めての方でも安心してお祭りに参加することができます。

◆中町こみせ通り

建設省と「道の日」実行委員会が制定した「日本の道百選」にも選ばれた「中町こみせ通り」は、藩政時代から残る伝統的建造物、及びアーケード通り。
ここまでまとまった形でそのまま残っているというのは全国的にも類例がないと言われ、国の「重要伝統的建造物群保存地区」にも指定されています。

買い物に来た人たちのために自分たちの敷地内にアーケードをつくった人情味あふれる商店街であり、国指定重要文化財の「高橋家住宅」や昔ながらの造り酒屋、蔵や商家などが並ぶ、なんとも風情を感じさせる通りなのです。

あとがき

今回ご紹介した「こみせ通り」のそばにある広場には、踊り姿の二人の女の子がハート形のリンゴを持つ「恋よされ」というモニュメントが建っています。そのリンゴに空いた穴にお賽銭を入れ、無事に下の器に入って「チャリーン」と音がしたら恋が叶うそうです。ぜひお試しあれ♪
そんな黒石市を、ぜひ訪れてみてください。

黒石市紹介ページ

※2018年10月29日時点の情報のため、お礼品の受付停止や寄付金額が変更されていることがありますが、ご了承ください。

※参考・参照元
・黒石市公式 ホームページ(http://www.city.kuroishi.aomori.jp/)
・黒石つゆやきそば"HAPPY麺恋(めごい)"ジャー(http://kuroishi-tuyuyakisoba.aomori.jp/index.html)
・『第三版都道府県別 日本の地理データマップ』小峰書店

      

この記事でご紹介したお礼品はこちら

  •  

    《シャイニーアップルジュース》 金のねぶた・銀のねぶた詰合せセット

    「酸味スッキリ」「完熟まろやか」2種類のストレートりんごジュースの飲みくらべセットです。

  •  

    こけス

    駒はこけしで、ルールはチェスのコラボ品「こけス」

  •  

    わどなのリーフパイ15枚入

    厚みがあって、ボリュームいっぱいに焼き上げた、思わず笑みがこぼれる美味しさのリーフパイ!

  •  

    【黒石銘菓】よされ太鼓・黒石一万石 詰合せ

    青森県黒石市のおいしさとロマンをぎゅっと詰め込んだおいしいお菓子

  • 関連記事