1. 「ふるさと納税」ホーム  > 
  2. 公式ブログTOP  > 
  3. 自治体・事業者様ご紹介
  4.  >  北海道
  5.  > 
  6. 職人技が光る家具と花のまちとして知られています/北海道東神楽町

職人技が光る家具と花のまちとして知られています/北海道東神楽町【ふるさと納税・自治体事典】

FV_北海道神楽町.jpg

1890年代に全国から夢と志を持った家具職人たちが移住してきたことで、東神楽町(ひがしかぐらちょう)の「家具のまち」としての歴史がスタートしました。それだけではなく、現在では「花のまち」としても国内外にその名を知られています。ここでは、そんな東神楽町をご紹介します。

東神楽町の概要

東神楽町(ひがしかぐらちょう)は、忠別川(ちゅうべつがわ)がもたらした肥沃な農地を生かし、水稲、ハウス野菜の生産を主体に畑作・畜産などの農業のまちとして発展してきました。

美しくのどかな田園空間が一面に広がり、緑と澄んだ空気に包まれた豊かな自然が息づくとともに、「花の町」としても知られています。

大雪連峰を望む天然温泉の露天風呂を誇る宿「森のゆ 花神楽」なども位置するアウトドアリゾート「ひがしかぐら森林公園」では、キャンプ、乗馬やパークゴルフなどの活動が楽しめます。
道北の空の玄関である旭川空港のあるアクセスのいい東神楽町にぜひお越しください。

●人口:1万334人(2018年3月31日現在)
●町の花:ツツジ
●町の木:イチイ
●町の鳥:ヒバリ

さとふるから申込めるお礼品はコレ!:東神楽町の名産品・特産品

◆【匠工芸・さとふる限定仕様】07リビングアームチェア(ブラック)

北欧風のすっきりとしたフォルムの中に、体型に合わせて形を変えられる機能を取入れたリビングチェアです。

座面の奥行きと高さは5段階可動式。腰ベルトは3段階で伸縮調節でき、身長150cmから180cmまでさまざまな体型に合わせることが可能です。
空港や介護施設などでの採用実績に裏づけされた、信頼の高いシリーズです。

木部は亜麻仁油を主成分とした自然塗料であるリボス社のオイルで塗装し、背面の張地は、黒色の人口皮革製、座面の張地は、布張で限定カラーのこげ茶となります。
ふるさと納税のお礼品限定でシリアルナンバーが刻印されたプレートがついています。

「つくる」と「生きる」を木のそばで、木とともに――。
大雪の山並みを望む北の大地にて、「ナチュラル&クラフトマインド」をコンセプトに、手間や時間を惜しまず木の素材感を活かして手づくりしています。

お申込みをいただいてから、塗装及び椅子張の工程を行います。

お礼品の詳細はこちらをクリック!

【匠工芸・さとふる限定仕様】07リビングアームチェア(ブラック)

◆木製コーヒードリップスタンド【無垢材を使った職人の手仕事】

北海道で高品質なスペシャルティコーヒーを焙煎、販売するYoshinori Coffeeの監修で生み出された、プロ仕様のドリップスタンド。ウォールナットの無垢材を贅沢に使用した、家具職人の手仕事が光る一品です。

■生産者の声

「インテリア北匠工房」は、創業30年を超える旭川家具メーカー。私たちの工場は、旭川家具の産地のひとつ、田園風景が美しい北海道東神楽町にあります。決して大きくはない工場ですが、職人と職人、職人と家具の距離が近いからこそ生み出せる細部にまでこだわった高精度な造りが自慢です。
そして、長く使える家具を作るだけではない、「長く付き合える家具メーカー」として、上質な家具を取り入れた上質な暮らしを求める人々にとっての「ライフパートナー」でありつづけます。

お礼品の詳細はこちらをクリック!

木製コーヒードリップスタンド【無垢材を使った職人の手仕事】

◆北海道産の煮豆・昆布巻きとごはんのお供詰合せ7種類セット

このお礼品は、北海道産野菜を主体にした煮豆・昆布巻などの詰合せです。

北海道産の金時豆・黒豆・とら豆の煮豆3種類、北海道産の昆布を使用した「北海太巻」(昆布巻き)2種、暖かいご飯のお供にビン詰めの三升漬としそみそをセットでお届けします。

【煮豆】
北海道産の豆をじっくり煮込んでふっくらおいしくなりました。

【北海太巻(昆布巻き)】
北海道の代表的な海の幸である、サーモンとニシンを芯にし、厚葉の昆布で巻き、とろ火でじっくり煮込んだ、風味豊かなボリュームたっぷり昆布巻です。

【三升漬】
後からピリっとした辛さが来る、刺激的な味のやみつきになる漬物です。
青なんばん(唐辛子)、麹、醤油を一升ずつ漬けていたことから三升漬と呼ばれています。

【しそみそ】
しその実とみそを合わせました。ご飯が進む瓶詰です。

お礼品の詳細はこちらをクリック!

北海道産の煮豆・昆布巻きとごはんのお供詰合せ7種類セット

◆【平成30年度米】北斗米ななつぼし 10kg(5kg×2袋)

このお礼品は、魚粕(ぎょかす)や鶏糞など安全な自然の肥料である有機肥料をたっぷり使って育てた、体にやさしい自然派の「北斗米ななつぼし」。

「ななつぼし」は、北海道産米として「食味ランキング」で2010年~2017年まで連続「特A」の最高評価を受けている食味の良いお米。つや・粘り・甘みのバランスは抜群です。

米の粒がしっかりしているので、チャーハンや丼物、お寿司にもよく合います。
「毎日食べても飽きないね」と評判のお米です。

○「北斗米」とは
北海道東神楽のお米屋さん「やぎぬま」が、地元東神楽の農家さんと二人三脚でつくった、安全・安心でおいしい減農薬のお米です。

土づくりから、農薬を大幅に抑え、有機肥料をふんだんに使っています。精米したてのおいしいお米をお届けします。

お礼品の詳細はこちらをクリック!

【平成30年度米】北斗米ななつぼし 10kg(5kg×2袋)

東神楽町の特産品

◆旭川家具

豊かな森林資源を生かし、昔から旭川地域では家具や木材、木製品(木器)をつくる企業が多く、旭川市や上川郡東川町、東神楽町などを含む、このあたり一帯は一大家具産地として知られています。

「良質な木材」と「デザイン性の追求」という特徴を持つ「旭川家具」のブランドは、1970年代頃から徐々に浸透し、海外への進出も進んでいます。

東神楽町は、そんな旭川家具ブランドの一翼を担い、卓越した技術で素敵なデザインの家具をつくり続けています。

現在、町内では10社が家具制作に取り組み、個性を生かしたオーダー家具からクラフト製品まで、年間50億円の製品が全国へ送られているそうです。

◆農産物

町の東側を流れる忠別川がもたらしてくれた肥沃な土壌を生かし、道内でも有数の「米どころ」として、稲作を中心とした農業が盛んです。

他にも、グリーンアスパラ(アスパラガス)やほうれん草、トウモロコシ、みつ葉、バイオテクノロジー技術を活用したイチゴなど野菜や果物の栽培も行われています。

◎東神楽の種と実セレクト

東神楽町では、美しい水と空気、そして肥沃な大地から生みだされる農産物や、卓越した職人の手がつくるさまざまな加工品の魅力をもっと世界中に発信していくべく、町がその品質にお墨付きを与える「東神楽の種と実セレクト」をスタートしています。

この活動には、町の魅力を「種」や「実」としてお客さんにお届けし、彼らの生活に彩りを添える「花」となる、そんな願いが込められています。

現在、認定されている商品としては、農産物で「夏瑞(なつみずき)」という夏イチゴやアスパラ、フルーツトマトの「かぐら姫」、そして加工品で黒毛和牛のハンバーグ、アイスクリーム、黒豆、さらに工芸品では、「マッシュルームスツール 道産材特別仕様」があります。

東神楽町の観光資源

◆ひがしかぐら森林公園

さまざまなアクティビティ施設を揃えた体験型の公園。サイクルモノレールやボート、パークゴルフ場、ゴーカート、テニスコート、3オン3バスケットなどなど、多彩な遊びやスポーツを楽しめます。

他にも、宿泊施設、テントやバンガローなど約700人を収容できるキャンプ場があり、キャンプ用具はレンタルもしています。

また、園内には人造湖の東神楽遊水地や約200本のオオヤマザクラ、約3000本の木々と花々があり、散歩コースとしても人気。アウトドアリゾートを満喫できる公園となっています。

◆フラワーフェスタ

毎年、「ひがしかぐら「森林公園」で開催されるお祭りが「フラワーフェスタ」です。

飲食ブースやステージイベント、地場産品を使ったマルシェ、さらにキャンプ用品の展示やアウトドア体験などの各種体験メニューなど、さまざまなアクティビティを楽しめます。

たとえば、2018年のステージには、アイドルタレントやシンガーソングライターなどのアーティストの他、BMXショーケース、ダンスやコーラス、ひょっとこ踊りなど、盛り上がるパフォーマンスが次々に登場しました。

体験メニューとしては、「焼きマシュマロ体験」や「各種木工製作体験」が開かれ、他にも「花の寄せ植え講座」やちびっこ宝探し、フリーマーケットなど盛りだくさんの内容。恒例の花苗無料プレゼントも実施されました。

◆花のまち

東神楽町は「花のまち」としても全国的に知られています。1958年頃から「明るい農村運動」などの住民運動が起こり、そのたびに環境整備の一環として町内に花が植えられてきました。

その後、1964年には環境美化運動の一環として花壇づくりが開始され、次第に町の中に花が増えていったのです。

1966年には、「美しい町づくり全国コンクール」で中央婦人会が優良地区表彰を受賞。1969年には「花のある職場コンクール」で役場が内閣総理大臣賞を受賞。

この頃から市街地の町内会ごとに独自の花壇を設置するようになり、着実に「花のまち東神楽」の素地が整えられていったのです。

その後も継続して、町民が一丸となって花いっぱいの景色をつくってきた東神楽町。現在に至るまで、花のまちづくりに関する国内外の賞を何度も受賞しています。

◆森のゆ 花神楽

「ひがしかぐら森林公園」のすぐそばにある人気宿泊施設が「森のゆ 花神楽」。

昼は大雪山連峰、夜は満天の星空を望める露天風呂があり、大浴場、サウナ、カラオケルームも利用できます。

内風呂と露天風呂からなる貸切風呂は、ご家族での利用に最適な広々とした空間が自慢。人の古い角質を食べるドクターフィッシュの足湯があったり、リラクゼーションルームにはマッサージチェアがあったりと、日頃のストレスを発散し、リフレッシュするにはピッタリの宿泊施設です。

なお、"行動展示"で話題の「旭山動物園」には、車で20分という近さです♪

あとがき

東神楽町の公式マスコットキャラクターの「かぐらっき~」は、「花のまち」にふさわしく頭の上にアルストロメリアとパンジー、チューリップの花を載せた妖精です。
指でつくったアルファベットの「L」の文字を、体の前で一周させる決めポーズ「かぐLUCKY」は出会った人に幸運を呼び込むそうなので、ぜひ会いにいってみてください。

北海道東神楽町紹介ページ

北海道東神楽町のお礼品一覧

※2018年10月2日時点の情報のため、お礼品の受付停止や寄付金額が変更されていることがありますが、ご了承ください。

※参考・参照元
・東神楽町公式 ホームページ(https://www.town.higashikagura.lg.jp/)
・『第三版都道府県別 日本の地理データマップ』小峰書店

      

この記事でご紹介したお礼品はこちら

  •  

    【匠工芸・さとふる限定仕様】07リビングアームチェア(ブラック)

    座る人に合せて座りやすく変化できるリビングチェアです。手仕事を大切にする「匠工芸」からお届けします。

  •  

    木製コーヒードリップスタンド【無垢材を使った職人の手仕事】

    スペシャルティコーヒーロースター・Yoshinori Coffee監修。プロ仕様のドリップスタンド。

  •  

    北海道産の煮豆・昆布巻きとごはんのお供詰合せ7種類セット

    北海やまげん名産である、北海道産野菜を主体にした煮豆・昆布巻等の詰合せです。

  •  

    【平成30年度米】北斗米ななつぼし 10kg(5kg×2袋)

    北海道作付け面積ナンバーワンで、食味ランキング「特A」を獲得した人気品種です。

  • 関連記事