1. 「ふるさと納税」ホーム  > 
  2. 公式ブログTOP  > 
  3. 自治体・事業者様ご紹介
  4.  >  宮崎県
  5.  > 
  6. 世界の要人も舌鼓を打つ"国産"キャビアがひっぱりだこ/宮崎県宮崎市

世界の要人も舌鼓を打つ"国産"キャビアがひっぱりだこ/宮崎県宮崎市【ふるさと納税・自治体事典】

miyazakicaviar1.jpg

宮崎市の特産品と言えば何でしょう? ブランド牛の宮崎牛、完熟マンゴーを筆頭としたフルーツ、ご当地グルメのレタス巻きやチキン南蛮も思い浮かぶのではないでしょうか。でも近年、急激に存在感を増しているのが、「キャビア」なんです。

宮崎市は2011年、"日本一のチョウザメ産地"の称号を獲得。2013年には「MIYAZAKI CAVIAR 1983」として商品化に成功し、2017年には国産初の海外輸出を実現しました。
ここでは、"宮崎市特産品リスト"の新顔「純国産キャビア」と宮崎市についてご紹介します。

宮崎市のブランドキャビア「MIYAZAKI CAVIAR 1983」とは?

宮崎キャビアの歴史・背景

宮崎キャビアの始まりは1983年にまで遡ります。この年に旧ソ連との漁業技術協力の一環で、チョウザメが日本にやってきたのです。
宮崎県水産試験場で200匹を引き受けたのですが、そこから日本で唯一の本格熟成キャビア「MIYAZAKI CAVIAR 1983」が誕生するまでに、実に30年の時間を要したのです。

キャビアとして商品化する前に、まずは養殖を成功させねばなりません。しかし、養殖の前例がないのでチョウザメ飼育については誰も知らず、そもそもどんなエサを与えるのかもわからない状態。

外国の文献で勉強したり、実際に海外の企業や研究機関に出かけるなど研究を重ねましたが、稚魚が生まれてもすぐに死んでしまうなど、徹夜で様子を観察することもざら。
産卵タイミングも個体によって違うため、1匹ずつタグを付けて管理するなど、たくさんの苦労がありました。

紆余曲折の末の2004年、遂に全国で初めて「稚魚→親魚→稚魚」の完全養殖に成功! 少しずつ興味を持つ民間業者も増え始め、参入事業者には技術やノウハウをなんと無償で提供したそうです。

2011年には、稚魚の大量生産に成功。2013年、11事業者による「宮崎キャビア事業協同組合」も立ち上がり、同年11月、国産キャビア初の賞品「MIYAZAKI CAVIAR 1983」を東京の百貨店で発売。宮崎キャビアの商業生産が開始されたのです。

それ以来、現在(2018年9月)に至るまで、入手困難な状態が続くほどの人気ぶりを見せています。

また、組織は「宮崎キャビア事業協同組合」から「ジャパンキャビア株式会社」へと発展・変更され、事業化・収益化、さらには海外進出に向けた準備が整いました。

miyazakicaviar2.jpg

宮崎キャビアのおいしさの秘密

宮崎産キャビアの味わいの特徴は、「濃厚でクリーミー、かつ奥深い味わい」、そして「とろける食感」「鼻に抜けていく芳醇な香り」。

このような味わいを出せるのは、ヨーロッパ流の「深く眠らせる」という伝統的な熟成方法を採用しているから。

一般的に魚介類は、新鮮であるほどおいしいものです。しかし、キャビアはワインと同じで、熟成させるほど旨み成分が増え、コクが深まり、ねっとりとした粘りとツヤが生まれるのです。

また、熟成のために寝かせる際は、防腐剤などの添加物を使用せず、さらにキャビア本来の味が堪能できるよう、岩塩のみでほんのり薄く味付けするだけ。そして、もっともおいしくなったタイミングで熟成をストップさせるのです。

ちなみに、この"もっともおいしくなったタイミング"ですが、「ジャパンキャビア」では、熟練のキャビアマイスターが"一匹ごとに"卵の味を自分の舌で判断し、それぞれの熟成期間を決めています。さらに、数ヵ月にわたりテイスティングを繰り返し、熟成のピークを見極めます。

そして、その"最高の熟成タイミング"で急速冷凍保存。そこから解凍されてお皿に乗る瞬間まで、フレッシュな鮮度をずっと保っているというわけです。

miyazakicaviar3.JPG

さとふるから申込める「MIYAZAKI CAVIAR 1983」のお礼品はコレ!

◆MIYAZAKI CAVIAR 1983 贅沢食べ比べセット

シロチョウザメのキャビアとシベリアチョウザメのキャビアの贅沢食べ比べセットです。

キャビア本来の奥深い味わいと、鼻に抜ける香り、そして幸福な余韻が長く続くシロチョウザメのフレッシュキャビアと、口溶けがよくヘーゼルナッツのようなコクが特徴のシベリアチョウザメのフレッシュキャビアを贅沢に食べ比べられる、お礼品のためだけにつくられた特別なセットです!

■生産者の声

熟成容器の中で永い眠りについたキャビアは決して空気に触れることは許されません。ジャパンキャビアでは独自の方法で熟成容器を開けることなく、数ヵ月に渡ってテイスティングを繰り返します。
その「時間という試練」をくぐり抜けたキャビアだけが「宮崎キャビア1983」を名乗ることが許されるのです。すべての手間暇は美味しさのため、惜しまれることはありません。

お礼品の詳細はこちらをクリック!

MIYAZAKI CAVIAR 1983 贅沢食べ比べセット

miyazakicaviar4.PNG


■宮崎市のご紹介

宮崎市は、日向灘に臨む宮崎県の中央部にあり、青い海と空、四季折々の花や緑に彩られ、温暖な気候と豊かな自然に恵まれた都市で、「宮崎牛」や「完熟マンゴー」「きんかんたまたま」など食材も豊富です。

また、プロスポーツのキャンプ地としても有名で、マリンスポーツやゴルフなども気軽に楽しめ、ファンにはたまらない魅力が詰まっています。

宮崎市の観光情報

◆鬼の洗濯板

宮崎市南東部にある「青島」から南の海岸線に見られる波状岩は、「鬼の洗濯板」と呼ばれています。

約700万年前に、海面下にあった岩が地質変動によって水面上に現れ、長い時間かかって波に浸食されてできました。固い砂岩層が板のように積み重なって見える様はまさしく「鬼の洗濯板」のよう。1934年、国の天然記念物に指定されました。

ちなみに、青島には青島全体を境内地とする「青島神社」があり、縁結びの神様としてよく知られています。

また、青島は全島が熱帯・亜熱帯植物の群生地となっており、国の特別天然記念物に指定されています。

◆宮崎市フェニックス自然動物園

「フェニックス・シーガイア・リゾート」のリゾート施設群に隣接する動物園で、1971年に開業しました。

クジャクなど鳥類の一部が普通に園内を闊歩しているなど、自然に近い形で展示が工夫された生態動物園であり、観覧橋や展望台、観察歩道など、いろいろな角度で自然のままの生態を観察できます。

園内には、子どもが動物たちと触れ合える「こども動物村」やフラミンゴショーを見られる「フラミンゴ苑」など動物展示場の他、遊園地やプール、レストランやショップなどがあり、家族で1日中楽しめるレジャー施設となっています。

◆田野町太鼓フェスティバル

毎年、お盆過ぎの土曜日、田野運動公園多目的広場で開催される「田野町太鼓フェスティバル」は、なんといっても町内に伝わる「雨太鼓」の演奏が圧巻です。

他にもちびっ子太鼓や地元中学校の吹奏楽部による演奏、郷土芸能の披露などで盛り上がります。

フィナーレに用意された、全員による合同演奏とレーザーショー、そして花火によるダイナミックな競演は必見です!

なお、雨太鼓は大木をくりぬいて作った直径2m近くある大きな太鼓ですが、今ではこれほど大きな太鼓をつくれる木がなく、文化財としても大変貴重なものとのこと。現在は各地区の保存会が守っているそうです。

FV_宮崎県宮崎市.jpg

宮崎市の特産品

◆宮崎牛

和牛のオリンピックとも呼ばれる「全国和牛能力共進会」、肉牛の部において、2007年、2012年、2017年と3度の日本一に輝くブランド和牛が「宮崎牛」です。

きめ細かく美しい霜降りは口に入れた瞬間にとろけだし、赤身にも肉本来の甘みとコクが感じられます。

今では、「大相撲」の優勝力士に宮崎県知事賞として「宮崎牛」の特選肉1頭分が贈呈されることが恒例となっているなど、全国に名前を知られるブランドです。

◆完熟マンゴー

太陽の光をいっぱいに浴びて育った宮崎完熟マンゴーは「太陽のタマゴ」とも呼ばれ、とてもジューシーな味わいで全国的に大人気。

そもそも、今から約30年前に始まった宮崎のマンゴー栽培。沖縄のマンゴー栽培をヒントに、農家数軒からスタートしたそうです。

ただし、当時は輸入マンゴーの全盛期だったため、なんとか差別化を図りたいと編み出されたのが「完熟出荷」のスタイル。これは自然に落果するまで樹上で完熟させ、ネットに落ちたものを収穫する画期的な方法です。

このような工夫が、一度食べたらやみつきになる、溢れる果汁と濃厚な甘みをつくりだしています。ぜひ、そのまま冷やしてお召し上がりください♪

◆肉巻きおにぎり

豚肉を醤油ベースの秘伝のタレで味付けし、海苔の代わりにご飯に巻いて香ばしく焼き上げた「肉巻きおにぎり」は、ここ宮崎市が発祥のご当地グルメ。

タレに漬け込まれた豚肉、おにぎり、レタスの絶妙なバランスと、ボリュームがあってしかも手軽に食べられるため、地元では子供から大人まで幅広く愛されています。

現在、ベーシックの他、チーズやトマト、キムチ、ねぎマヨなど多彩なバリエーションが販売されています。

あとがき

2017年3月、香港を皮切りに、宮崎産キャビアの海外輸出が遂にスタート。キャビア消費国である北米やヨーロッパを目指しています。
世界へ羽ばたく「MIYAZAKI CAVIAR 1983」。長年にわたる研究を経て、手間暇かけてつくられた「宮崎キャビア」は、大切な方へのギフトや自分へのご褒美にぴったりです!


宮崎県宮崎市紹介ページ

宮崎県宮崎市のお礼品一覧

※2018年9月13日時点の情報のため、お礼品の受付停止や寄付金額が変更されていることがありますが、ご了承ください。

※参考・参照元
・宮崎市公式 ホームページ(http://www.city.miyazaki.miyazaki.jp/)
・宮崎市観光協会(http://www.miyazaki-city.tourism.or.jp/)
・『第三版都道府県別 日本の地理データマップ』小峰書店

      

この記事でご紹介したお礼品はこちら

  •  

    MIYAZAKI CAVIAR 1983 贅沢食べ比べセット

    シロチョウザメのキャビアとシベリアチョウザメの贅沢食べ比べセットです。

  • 関連記事