1. 「ふるさと納税」ホーム  > 
  2. 公式ブログTOP  > 
  3. 自治体・事業者様ご紹介
  4.  >  北海道
  5.  > 
  6. "行動展示"で世界的に有名な動物園があります/北海道旭川市

"行動展示"で世界的に有名な動物園があります/北海道旭川市【ふるさと納税・自治体事典】

FV_北海道旭川市.jpg

北海道のほぼど真ん中に位置する旭川市。豊かな伏流水、盆地気候といった条件が重なり、全国有数の稲作地帯となっています。
また、真ん中にあることで昔から交通の要所となり、オホーツク海、日本海、太平洋、どこからも便利なため、新鮮で多彩な魚介類が集まる場所にもなっています。ここでは、そんな旭川市をご紹介します。

旭川市の概要

大雪山連峰をはじめとする雄大な山々に囲まれ、石狩川など多くの川が流れる豊かな自然と四季折々の情景に恵まれた美しい町「旭川市(あさひかわし)」。

命の輝きを伝える旭山動物園や肥沃な大地から生み出される良質な米、「北の灘」とも呼ばれるほど洗練された酒造り、そして今もなおこの町に息づく三浦綾子や中原悌二郎など、個性豊かな文学者や芸術家が残した感性の足跡。
どれをとっても、ぜひ現地で体感してほしい魅力にあふれた町です。

●人口:33万8879人(2018年3月31日現在)
●市の花:ツツジ
●市の木:ナナカマド

さとふるから申込めるお礼品はコレ!:旭川市の名産品・特産品

◆夢民村のお米 あや5kg

このお礼品は、北海道でもわずかな農家しか栽培していない幻のお米「あや」。抜群のもちもち感とあふれる甘みが特徴です。

「あや」の艶やかでふっくらとした炊きあがりと豊かな甘みは、一口ほおばるともう虜。「低アミロース米」の特徴であるもちもちとした食感は、冷めてもおいしくお弁当にも最適のお米です。

実は「あや」は1990年代に栽培されていたお米です。しかし、冷害に弱いことから「つくりにくいお米」とされ、しだいに生産する農家が減少していきました。
しかし、提供事業者の「夢民村」では皆さまからの「おいしい!」「また食べたい!」という声に応え続けるため、種から「あや」を生産・栽培し続けています。

「夢民村」のこだわりと愛情がたっぷりと詰まった旭川の名産品をお届けします。

■生産者の声

全国の北海道物産展へ赴き、多くの方に「あやが美味しい!」というお声をいただき、つくり続けてきてよかったと心から思います。
今では市場に種が流通していないため、「夢民村」があやを守っていかなければなりません。いつのまにか幻のお米とも呼ばれておりますが、決して絶やすことなく皆さまのおいしいの声を糧に、これからもつくり続けていきたいと思います。

お礼品の詳細はこちらをクリック!

夢民村のお米 あや5kg

◆旭山 奇跡のプリン9本セット

このお礼品は、プリンの専門店が真剣につくった、濃いのにアッサリとした後味が楽しめるプリンです。

旭川市神居町(かむいちょう)上雨粉(かみうぶん)でアニマルウェルフェア(動物福祉)を実践している数少ない牧場「クリーマリー農夢」で自然放牧された牛の低温殺菌牛乳と中札内(なかさつない)産新鮮卵・北海道産甜菜(てんさい)糖・生クリーム、そしてチーズの製造過程で出来る乳清(ホエー)を使った、濃厚で香りも楽しめる極上プリンに仕上がっています。

ナムコ・ナンジャタウン(東京・池袋)のイベント「プリンの殿堂2008』では、全国2000個のプリンの中から第2位に選出され、テレビ・雑誌・新聞などでも幅広く紹介された人気の製品です。

■生産者の声

洋菓子屋さんが片手間につくるプリンではなく、北海道の素材を使った専門店がつくりました。
普段食べたことのない感動的な味のプリンだと自負しています。

お礼品の詳細はこちらをクリック!

旭山 奇跡のプリン9本セット

◆大雪山の手造りソーセージセット

旭川産笹豚の粗挽きソーセージに"チーズ味"と"和風しょうが味"が新登場!

北海道大雪山連峰の麓から個性豊かな農産物や加工品をつくりたい! そうした私たちの想いを皆さまにお届けするため、地域の天然資源(熊笹)と地場産業(養豚業)を組み合わせ、旭川産ブランド豚をつくりました。

熊笹は、道北の厳しい寒さに耐える強い生命力と、豊富なミネラル・栄養分を持ち、古来より漢方や生薬として利用されている植物です。
その熊笹を加工転化させ、肥育用飼料とともに一定期間与えることによって免疫力の高い健康な豚が育ちました。

臭みも少なく、煮物料理への灰汁も少ないと言われています。そんな豚でつくったソーセージはジューシーな旨みがあふれています。

また、エゾ鹿のフランクも変らぬ旨さでお届けしています。

■生産者の声

旭川産豚は「大雪さんろく笹豚」を使用しており、いきとどいた衛生環境のもと1頭1頭の細かな体調を見ながら熊笹飼料を添加した肥育飼料と大雪山の伏流水を飲ませ、健康で喰い付きの良い豚を育てています。

地域の天然資源エゾ鹿を腕の良い猟師が頭に狙いを定め、打ち抜いて素早く血抜きで処理場へ。鮮度抜群正肉は部位毎に切り分け直ぐ保管。その後、当加工場へと運ばれて手切り加工と手ひねりで手造りソーセージとなっています。

お礼品の詳細はこちらをクリック!

大雪山の手造りソーセージセット

◆PALAPELI チェア さんかく 道産材カバ(オレンジ)

このお礼品「PALAPELI(パラペリ)」は、子ども向けの組立式家具。フィンランド語で「ジグソーパズル」という意味です。
子どもとともに成長する家具としてデザインされ、さまざまな色とカタチを組み合わせて豊かな想像力を育てます。

大人が簡単な組立方法を教えたり、基本の数的順序を理解する手助けをすることで、幼い子どもであっても、パラペリを組み立てることが可能です。

チェアやテーブルを繰返し組み立てる作業はまるでパズルのようで、楽しみながら遊ぶことができます。
幼い頃から家具に触れることで、月日が経つにつれて生活にさらに馴染んでいき、長く使い続けたくなるようなものになるのです。

また、脚部どうしをジョイントした時の形と天板の裏面にある脚部とのジョイント部分のほり込みの形は"雪の結晶"をイメージした形になっており、パッケージのイラストとしても用いられています。

雪の結晶が舞い落ちる様子は北海道とフィンランドに共通する景色で、パラペリのデザインテーマとなりました。"雪の結晶"は雪国の北海道とフィンランドを繋ぎ合わせる象徴がイメージされています。

お礼品の詳細はこちらをクリック!

PALAPELI チェア さんかく 道産材カバ(オレンジ)

旭川市の特産品

◆旭川ラーメン

旭川のご当地グルメと言って、まず思い浮かぶのが「旭川ラーメン」ではないでしょうか。豚骨と魚介を合わせたダブルスープで醤油ダレのものが多く、あっさりとした醤油味の中に豚骨の深みとコクを感じられるスープは絶品で、何度食べても飽きのこない味わいです。

なお、「旭川ラーメン」といえば「醤油ラーメン」と紹介されることが多いですが、「味噌ラーメン」や「辛味噌ラーメン」を提供するお店も多いとのこと。

麺は低加水縮れ麺が特徴で、細麺を採用しているお店が多く、中太を使っているお店もあります。どちらにしても"縮れ麺"率が高く、ストレート麺は少ないそうです。

旭川市では150を超える専門店が独自の味を追求し、こだわりのラーメンを提供しています。

◆お米

旭川市は山々に囲まれた盆地の都市であり、大雪山(たいせつさん/だいせつざん)からの豊かな伏流水が田を潤します。さらに盆地特有の昼夜の寒暖差がよく実ったお米を育てます。
このような環境や気候、生産者の努力により、旭川市のお米の収穫量は道内トップクラスとなっています。

たとえば2015年産では、6390haの田んぼに作付け(作付面積道内2位)され、3万8000tの収穫がありました(収穫量道内2位)(※)。

もちろん、収量だけでなくその味と品質は高評価を獲得しており、首都圏や関西圏などの大消費地の他、海外にも出荷されています。

(※)旭川市ホームページより

旭川市の観光資源

◆旭山動物園

日本最北にある動物園、「旭山動物園」。TV番組やドラマ、映画などで度々取り上げられているため、ご存じの方も多いことでしょう。

「旭山動物園」を全国的に有名にしたのは、メディアでもよく紹介される、「行動展示」を考案・実施したからです。「行動展示」とは、動物たちの姿・形ではなく、行動や生活そのものを見せることに主眼を置いた展示を行うこと。

有名なものでは、ペンギンが泳いでいる姿を360度見渡せる「水中トンネル」やペンギンが目の前を歩いていく「ペンギンの散歩」、そしてオランウータンの「空中散歩(綱渡り)」やレッサーパンダの吊り橋、さらにホッキョクグマが闊歩する姿をアザラシの視点から見られるカプセル「シールズアイ」などがあります。

このような新しいチャレンジにより、世界中から多くの観光客が訪れる人気動物園となりました。

◆スノーパーク旭川

「スノーパーク旭川」は、旭川市内近郊にあるスノーモービルが楽しめる遊び場です。

ゴルフ打ちっぱなしの練習場を冬季の間だけ開放しているため、ナイター照明を完備。夜間も遊べるのはうれしいところです。スノーモービルだけでなく、ソリやバナナボートクルーズ、タイヤチューブの雪山滑り台もあります。

なお、雪遊び道具やウェアーなどは、すべてレンタルもできるので(100円)、手ぶらで行っても大丈夫!
小さなお子さまや初心者の方でも楽しく遊べる場所になっています。

あとがき

「旭山動物園」では、「行動展示」の他にも異なる動物を同じ場所で飼育する「混合展示」など、動物本来の生態を生々しく伝えられる展示を積極的に行っています。これにより、多くの動物園関係者が"今後の動物園の指針" として視察に訪れる場所にもなっています。ぜひ訪れてみてください。

北海道旭川市紹介ページ

北海道旭川市のお礼品一覧

※2018年9月25日時点の情報のため、お礼品の受付停止や寄付金額が変更されていることがありますが、ご了承ください。

※参考・参照元
・旭川市公式 ホームページ(http://www.city.asahikawa.hokkaido.jp/index.html)
・『第三版都道府県別 日本の地理データマップ』小峰書店

      

この記事でご紹介したお礼品はこちら

  •  

    夢民村のお米 あや5kg

    北海道でもわずなか農家しか栽培していない幻のお米「あや」。抜群のもちもち感とあふれる甘みが特徴です。

  •  

    旭山 奇跡のプリン9本セット

    プリンの専門店が真剣につくった、濃いのにアッサリとした後味の食感が楽しめるプリンです。

  •  

    大雪山の手造りソーセージセット

    旭川産笹豚の粗挽きソーセージに“チーズ味”と“和風しょうが味”が新登場!

  •  

    PALAPELI チェア さんかく 道産材カバ(オレンジ)

    「PALAPELI(パラペリ)」は、フィンランド語で「ジグソーパズル」という意味。さまざまな色とカタチを組み合わせて豊かな想像力を育てます。

  • 関連記事