2019年8月

全国的な知名度を誇る道の駅、"田プラ"があるまち/群馬県川場村

休憩施設であり、地域の情報発信基地でもある道路施設「道の駅」。観光庁では、その模範的な役割を担う道の駅をいくつか指定していますが、その中のひとつが「川場田園プラザ」です。充実の設備を持ち、"観光スポッ... 続きを読む

彌彦神社と弥彦山がパワースポットとして人気!/新潟県弥彦村

越後国一の宮にして天照大神の孫にあたる天香山命(あめのかぐやまのみこと)を祀る「彌彦神社」。その門前町として栄えてきたまちが弥彦村(やひこむら)です。新潟最大のパワースポットと言われることもある「彌彦... 続きを読む

鉱山で栄えた島。米どころであり、トキもいます/新潟県佐渡市

江戸幕府の財政を支えた金銀山による繁栄で知られる佐渡市。「日本ジオパーク」に認定された美しい自然や日本を象徴する鳥、トキの生息地としても有名ですが、実は農業や漁業、畜産業も盛んで、米どころとして、海産... 続きを読む

利根川のほとり、"江戸優り"の文化が花開いたまち/千葉県香取市

「東の灘(なだ)」とも呼ばれて発展した酒造業による経済力と、大動脈である利根川水運を使い人やモノが流れ込んだことで、"江戸優り(えどまさり)"と呼ばれるほど大いに栄えたまちが香取市(かとりし)です。近... 続きを読む

「八街産落花生」のまち。新品種「Qなっつ」も人気!/千葉県八街市

"落花生のまち"として知られる八街市(やちまたし)。落花生を特産品とする千葉県の中でも屈指の生産量を誇ります。そして2018年、10年ぶりに新品種「Qなっつ」が誕生。"際立つ甘さ"が高い評価を獲得して... 続きを読む

特産の「あまおう」を1本に1kgも使用したジュースが評判/福岡県筑前町

「あかい」「まるい」「おおきい」「うまい」の頭文字をとって名づけられた福岡を代表するいちごのひとつ、「あまおう」。筑前町(ちくぜんまち)は、その「あまおう」の他、黒大豆「筑前クロダマル」や柑橘類の「き... 続きを読む

有数の農業地帯で、「環境保全米」発祥地/宮城県登米市

有数の農業地帯で、「環境保全米」発祥地/宮城県登米市【ふるさと納税・自治体事典】 古くから県内有数の米どころであり、農薬や化学肥料の使用量を抑えた「環境保全米」発祥の地(※登米市ホームページより)とし... 続きを読む

ぶどうが特産。「しんとうワイン」も有名です/群馬県榛東村

約30軒の観光農園が軒を連ねる「榛東村ぶどう郷」が有名な榛東村(しんとうむら)。毎年収穫シーズンになると、ぶどう狩りや直売に多くの観光客が訪れます。自前のワイナリーでつくられるオリジナルワイン「しんと... 続きを読む

シンボル「薬莱山」の周りに観光スポットがいっぱい/宮城県加美町

「加美冨士」とも呼ばれる独立峰「薬萊山(やくらいさん)」をシンボルとするまち「加美町(かみまち)」。山麓に豊かな自然を利用したさまざまなレジャースポットを擁する他、地場産品を販売する「やくらい土産セン... 続きを読む

鉄と魚とラグビーのまち、近年は「甲子柿」をPR中!/岩手県釜石市

日本の近代製鉄発祥の地として知られる釜石市(かまいしし)。ラグビーで「北の鉄人」と呼ばれる強さを誇った「釜石製鐵所」の実業団チーム「新日鉄釜石ラグビー部」(※2001年より地域クラブ「釜石シーウェイブ... 続きを読む

濃厚なコクと甘み、ぷりっぷりの牡蠣が特産!/北海道厚岸町

独自の自然環境と生産方法の工夫により可能となった、"日本で唯一、牡蠣を通年で出荷できるまち"(※厚岸町ホームページより)として有名な厚岸町(あっけしちょう)。「愛冠岬(あいかっぷみさき)」のような、全... 続きを読む

医聖・華岡青洲が生まれた地は、有数の果物王国!/和歌山県紀の川市

フルーツ王国としても知られ、桃、かき、いちご、キウイ、いちじく、はっさくでは日本有数の生産量を誇る紀の川市。世界初の全身麻酔による手術を成功させた(※紀の川市ホームページより)江戸時代の外科医、華岡青... 続きを読む

名勝・浄土ヶ浜を有する、本州最東端のまち/岩手県宮古市

まちにあるお寺の和尚さんが「さながら極楽浄土のごとし」と感嘆したことから名づけられたという国の名勝「浄土ヶ浜」の他、「三陸ジオパーク」に属する自然の絶景を数多く有する宮古市(みやこし)。豊富な海の幸に... 続きを読む

「河津桜」発祥の地。春には国内外から多くの観光客が/静岡県河津町

毎年2月上旬から咲き始めるという早咲きの桜、「河津桜」の生まれた地として知られる河津町(かわづちょう)。早咲きのため、3月上旬頃までの約1ヵ月の間楽しむことができ、タイミングを合わせて開催される「河津... 続きを読む